[ ICS ]CXP-PELEADOR C ( SSS 電子トリガー ) " ジュン SP " 絶賛発売中

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。バトン店長のデイヴ金子でございます。

昨日の所沢界隈は天気こそ今ひとつでしたが、上着が要らないくらいの温かさで、近付く春を感じさせる陽気でした。
さすがに陽が落ちたら気温は下がりましたが、それでも寒いというほどではなかったように思います。
外サバのトップシーズンは、すぐそこまで来ていますね。

さて、ミリブロ読者の皆様なら知らない方はいないでしょう、かのイチロー・ナガタ氏のブログ、TACTICAL LIFE にて、弊社がイチローさんと愛娘のジュンちゃんにお贈りした電動ガンを、取り上げていただいております。

昨日公開された記事でも、” ケンシロウ SP ”でシューティングを楽しむケンシロウ君の様子が紹介されていますね。



先に製作したケンシロウスペシャルでは、フルメタルレシーバーを持つAPS airsoft 製 Noveske GEN.4 [ 電子トリガー ]をベースにしましたが、10歳の女の子であるジュンちゃんに使ってもらうためには、まず何よりも軽量である必要があります。


そこでベースガンとしてチョイスしたのが、樹脂レシーバー&樹脂ハンドガードを供えたライト級ファイター、ICS 製CXP-PELEADOR C [ SSS 電子トリガー ] でした。

10インチクラスのフルサイズにして、およそ2.3kgという軽さを誇るCXP-PELEADOR Cは、ジュンちゃんのシューティング入門機、" ジュン SP "として最適な素材ですからね。


ICS技術陣が研究を重ねて産み出した、信頼性の高いSSS電子トリガーシステムに加え、真☆流速チューン :ハイサイクルBを施工することで、実銃シューティングの練習にも適応出来るハイレスポンスと、安定した飛距離&高い命中精度を実現しています。

そしてこの" ジュン SP "と同仕様のコンプリートガンを、弊社ネットショップにて販売開始しております!

せっかくなので、ジュンちゃんのシューティングデビューを記念して・・・

[ ICS ]CXP-PELEADOR C ( SSS 電子トリガー ) 39,490円
真☆流速チューン:ハイサイクルB 25,300円


上記合計:64,790円のところコンプリート特価:57,800円
というお得な価格設定といたしました!!

約2.3kgという軽量ボディに、ハイサイクルB (リポバッテリー11.1V仕様)による瞬間火力と、真☆流速チューンによる製圧力の高さを詰め込んだ贅沢なコンプリートカスタムは、サバゲにシューティングにと、活躍の場所を問いません!

ベテランの方もビギナーの方にもおススメのCXP-PELEADOR C [ SSS 電子トリガー ] " ジュン SP "、この機会に、是非ともお買い求めくださいませ!!

[ ICS ] CXP-PELEADOR C [ SSS 電子トリガー ] " ジュン SP "
57,800円(税込)







※ 0.25g~0.28gの重量弾の使用を推奨いたします。
※ バッテリーは 11.1v をご使用下さい。



それにしても、ジュンちゃん本当に大きくなりました・・・。
私デイヴ金子がイチローさんのお宅にお邪魔した2014年当時はまだ4歳のおちびちゃんで、天井近くまで放り上げられてキャッキャ言ってたものですが、あれから6年でこんなにも大きくなるとは、成長した孫の姿を見るようです。
こちらが老けるわけでございますよホントにね~(涙)

最後になりますが、当記事中の写真は、イチローさんのブログ TACTICAL LIFE より拝借いたしました。
イチローさん、いつも本当にありがとうございます!!













  

2/9 PMC直前練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。
バトンスタッフのカヂヤです。



さて、前回担当したスチール月例会の翌日2月9日(に当店Aレンジにて、PMC直前練習会を行いました。
2月23日には当レンジにて開催されますThe PLATE MASTERS CHAMPIONSHIPが控えておりますので、参加者が多く、緊張感のある練習会となりました。



今回の参加者はスタッフを含め10名14エントリー!大会が近いこともありますので、参加者が多いですね。

さて練習会の風景ですが、ほとんどコールをしておりましたので、後ろからの写真のみとなります。














まずは第1競技、フォーリングプレートでございます。
最初は距離4mで行いますが、制限時間4秒で6枚倒します。時間があまりないので、倒せるようになるには安定したドローやスムーズな移動が必要です。
まずは急がず慌てずにスムーズな動作を心がけて、自身を持って狙って撃ちましょう。この4mが出来れば脱初心者。まずはこの4mをクリアを目指しましょう。
逆に5m以降は制限時間が伸びますが、油断や緊張で外してしまう事がおおいため、自制心が必要になっていきます。
しっかりとサイトを真ん中に合わせることや、ゆっくりトリガーを丁寧に引く事がフリースタイルでは必要になります。
それでも外れたりしますので、その時は気持ちを切り替えて下さいね。

少し小休止しまして、第2競技、アンビデクストラウスを行いました。










こちらは最初4m6秒と2秒ほど伸びますが、先ほどの第一競技のフォーリングプレート4m同様、あまり時間がありません。
スムーズなドローに加え、エアガンを片手で持てるだけの筋力と足腰の移動を意識すると当てられるかと思います。
手だけで移動しますと、余計な力を入ってしまい外れる原因となります。




リザルトを公開いたします。





























以上、PMC直前練習会レポートのレポートでした。
ご参加いただきました皆様、お疲れ様でした。




イシイ名人主宰のThe PLATE MASTERS CHAMPIONSHIP2月23日(当店での開催となりますので是非ともご参加のほどお待ちしています!
エントリーはこちら

上記の通りとなっております。皆様のお越しをお待ちしております!














  

BM-9 とご一緒に! カービンキット & M9A3 ピストルケース

BM-45 マガジンリップ 3月再入荷

ただいま欠品中の BM-45 CO2GBB マガジンリップマガジンリップガスケットは 3月再入荷予定です ( BM-9 CO2GBB 2nd と一緒に入荷です)

※恐れ入ります、同じく欠品中の BM-45 チャンバー等 は 4月~ 5月再入荷予定です。

BM-45のマガジンリップは割れやすくて申し訳ございません。製造メーカーと対策を協議中ですが、当面はマガジンフォロワーを丁寧に操作して離さないようにしていただくか、BBローダーで給弾していただければ幸いです。





























  

第6回スチール練習会レポート

BATON's blog 読者の皆様おはようございます。スタッフのカヂヤこと神山でございます。

2月に入ってさらに寒くなったように感じますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
寒くなるとガスブローバックは動きが悪くなってしまいますので、良く温めてから使用するようにしましょう。
ちなみに弊社BATON Rangeでは外部ソースやマガジンウォーマーがございますので、安心してご利用いただけますよ。



さて、去る2月8日(に当店BATON Range内のSレンジにて、JSCの試合形式の第6回スチール月例会PPS記録会を行いましたので、そのレポートをお届けいたします。

参加者は毎度お馴染みのタナミ様モリ様に加え、サイトウ様とご一緒に練習いたしました。皆様、ご来店ありがとうございます。

まずはJSCの記録を取りました。本日最初の計測ですので、体が温まっておりません。
ですが、本番は一発勝負なので、現在の状態でどれだけのペースを引き出せるかを確認するのも必要かもしれませんね。



モリ様のシュートは、身体の中心線がブレにくいため、スピードがありながらも安定したフォームでございます。
タイムのブレも少ないので、本戦では安定した記録が出ることでしょう。



タナミ様も、どんどんタイムが上がってきています。
毎回の練習で確実に実力をつけられていますね。



今回初参加のサイトウ様は、ULIMITEDでのROのご経験もあるシューティングの大先輩でございます。
お使いのレースガンは通常よりも低い圧力で動かすため、圧力調整したホースがついたエアータンクをお持ち込みされていました。



こちらの写真は私がアウターリミッツを撃っているところです。視線を見ると、次のボックスを見ておりますが...



足元を恐れるあまり、この段階まで確認しておりました。
これでは次のスティールに狙いが定まるのは、ボックスに入ってからになってしまいます。
これではいけません。



対して、こちらの写真はモリ様ですが、ターゲットに視線を向けて移動しております。
こういった細かな努力を積み重ねることによって、後々大きなタイム差となるわけですね。



こちらが今回の結果でございます。タナミ様が自己ベストを更新されました。
モリ様は自己ベストから0.5秒ほどダウン。しかし、あれだけのスピードで射撃をしながら、タイム差がほとんどない安定した射撃でございました。
初参加のサイトウ様は、あまりJSCを撃ちなれてないとのことでしたが、こちらは堅実に当てるようにされていました。
私は、まず練習しないといけませんね。



この後は小休止を挟みまして、PPSの記録会を開始しました。
PPSとは5つある基本コースと月別の1コースを合わせて6コースを撃つ競技です。
タイムの集計は、それぞれのコースを3回ずつ撃ち、すべてを足した秒数で競われます。
そのため、ミスを少なくして安定したタイムを毎回出す必要があります。

5コースの基本コースの説明をしたいところですが、すべてのコースの説明をするとブログ記事が長く見づらいものとなりますので、
始めの3コースに限定して説明します。

※個人の見解が入っておりますので、あくまでも参考程度に見ていただければ幸いです。




まず、コース1のハイタッチ




このコースは初弾の練習に特化したコースですが、初弾を撃った後にもう一枚撃つ必要があります。
まず、左側のターゲットを見ている状態で、視点の高さを変えずにエアガンのサイト滑り込ませます。

右にあるオレンジのストップターゲットは足と腰を使い、上半身をスライドさせます。
以降、足と腰の使い方がシューティングの基本となります。



次にコース2のチェック

上下にターゲットがありますが、手だけで撃つとサイトとの距離がずれて外れることが多いです。
私もこのコースは大の苦手ですが、会釈程度のお辞儀を意識しますと、下部ターゲットに当てやすくなります。
参考になれば幸いです。



コース3のカウボーイ-ストリート

細かく連射するコースでございます。
連射については必要以上に大きくトリガーを動かさず、軽く引いたり戻したりするといいでしょう。
撃った直後に移動することも意識しますと、この先のコースをもっと早く撃てるようになりますね。


このあと、コース4のLR(エルアール)、コース5のアウトレンジと続きますが、この先はご自身の目でコースを確かめてみてください。

今回行いましたPPS記録会結果は、来月初めに更新されますPPSブログにて公開となります。

以上、第6回スチール月例会とPPS記録会のレポートでした。
ご参加いただきました皆様、改めてありがとうございました。


月例会の当該年度パーソナルベストスコアは、BATON Range ホームページで公開しておりますので、是非ともご覧くださいませ。
次回のスチール月例会は、3月14日(の開催を予定しております。


皆様のご参加お待ちしております。



さて、今回JSCの記録会で使ったのが、私の作ったXDMレースガンでございます。
さすがに1年もメンテナンスしていないと、経つと動きが渋くなってしまいますね。
久々に使うにあたりまして、メンテナンスをしましたが、皆様スライドの動きなどが悪くなっていたりしませんか?

メンテナンスには、自腹で購入した[ BATON airsoft ]Gun Oil 5-7を使いました。

ちょっとお値段は張りますが、上記のレースガンのスライドやハンマー等の稼働する部分に塗っったことで、格段に動きが良くなりました。
しばらく倉庫に眠っていたエアガンもこれで生き返りますよ。















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

エアソフトガンチューニングショップ 『Gunsmith BATON 』 、パーツ&エアソフトガンブランド 『 BATON airsoft 』 、日本最大のシューティングレンジ 『BATON Range 』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP