PP-2000 CO2GBB セカンドロット、2月17日発売!

2年ぶりの再生産となり、お待たせしました、[ MODIFY ] PP-2000 CO2GBB セカンドロットの発売日は2月17日(金)予定となりました! いましばらくお待ちください。

CO2マガジンガスマガジン両対応で、サイレンサーホルスタータクティカルライト等の純正オプションもラインナップ。



[ MODIFY ]PP-2000 CO2GBB【JASG認定】
2月17日発売予定































  

【電撃発表】BATON airsoft BT-PIT VIPER CO2GBB 開発中!

1 月 28 日(土)、29 日(日)と、昨日まで二日間に渡って開催された 第 101 回 ビクトリーショー(V ショー)会場にて電撃発表した BATON airsoft CO2 GBB シリーズ 次期新製品、BT-PIT VIPER CO2GBB


会場では極秘で開発を進めていた出来立てホヤホヤの初号試作サンプルを展示したのですが、ご来場の皆様からは大変な反響を頂戴しました。






当ブログ読者の皆様ならとっくにご存じのことと思いますが、PIT VIPER は、今春公開が予定されているガンマニア必見の映画、 ジョン・ウイック 4 (原題:John Wick: Chapter 4) 劇中にてジョン・ウィックが愛用する TTI (Taran Tactical Innovations) 製のカスタムガンです。

ということで、Youtubeで公開されているジョン・ウイック 4 の本編予告をひとつおさらいしてみましょう。



動画の 1:10 あたりで PIT VIPER が登場しますが、その直前で聞ける "I'm going to need a gun" ってセリフが最高に決まってるじゃないですか! やっぱりキアヌはカッコいいですねぇ!!







チラッと映っただけでも PIT VIPER とわかる「映像映えする」攻撃的なデザインは、ジョン・ウィックシリーズのアドバイザーを務めて来た タラン・バトラー氏 ならではの仕事で、まさに戦闘用拳銃( Fighting Pistol )と呼ぶに相応しい威容です。

尚、これらの画像は予告編映像からキャプチャーしたものですが、弾切れになった瞬間に敵のガンを奪って闘っていた前作までと変わって、今作では全編に渡って使用される様子で、ますます公開が楽しみになっちゃいますね♪





と、JW4 の話しはこれくらいにして、今回 V ショー会場にて展示しました BT-PIT VIPER CO2GBB の初号試作サンプルがどこまで形になっているかを、いつもの通り銃口周りからご紹介して参りましょう。





垂直に切り立ったマズル正面から、リコイルプラグとスプリングガイドごと後方に向かって斜めに削ぎ落された、宝石のカットを思わせる特異な形状の銃口周り。これはコンペンセイターの効果を最大に保ちつつ軽量化も図れるという合理的なデザインですが、この他に類を見ない造形をダイキャストパーツで忠実に再現しています。





斜め上から見下ろすと、ラージ・シングルポートコンペンセイターという名称が表す通り、上面にガバっと開いた巨大なガスポートと、その内側に収まったアウターバレルの先端が確認出来ます。
フロントサイトは実銃通りオレンジ色のアクリルファイバーが入った集光タイプで、コンペンセイター側に固定されています。スライドの先端上面がフロントサイト部分を避けるようにカットされているのがおわかりいただけるでしょうか。





スライドを引くとご覧の通り、コンペンセイターとアウターバレルが一体になった実銃の構造を再現しています。シャーシとアウターバレルとの間に、先端が斜めになったリコイルプラグが覗いていますね。






リアサイト周りも実銃のデザインを忠実にトレース。スライドがリアサイト前半部を包み込むように盛り上がっているのが特徴的ですね。リアサイトはご覧の通り金属製で、上下左右の調整が可能な本格仕様です。





今作のために新規金型を製作したグリップは、今のところ「のっぺらぼう」状態ですが、製品版では実銃を模したテクスチャが入る予定です。CO2GBB はリコイルが強いので、グリップ表面のすべり止め加工は必須ですからね。






マグウェルもどうせ作るならと、 TTI の「ウルティメイトグランドマスターマグウェル」を模した大型の物を新規に製作。迫力あるフォルムと素早いマグチェンジが楽しめます。





そして今作では、TTI の 21 連マガジンを模したセミロングタイプの CO2 マガジンも新たに製作しております。上の画像では現行の 2011 CO2 マガジン Type-N と並べたものですが、かなり長くなっているのがおわかりいただけると思います。
現状での装弾数は31 発ですが、量産品でも同じ火力が確保出来たら最高ですね~。





マガジン底部の樹脂製マガジンボトムも、TTI オリジナルの「 Blem-Ventory Base Pad 」を再現しており、雰囲気を高めています。





さらにこの新マガジンの凄いところは、伸びた長さだけ気化室を拡大しているので、連射時の冷えに強く、安定した初速が得られる わけです。





無論この新マガジンは、BS-HOSTBS-STACCATOBS-COMBAT MASTER の 2011 シリーズにも共用出来ますし、BT-PIT VIPER に現行の 2011 CO2 マガジン Type-N を使うことも可能です。従来機種をお持ちの皆様はどうかご安心ください。





以上、BT-PIT VIPER CO2GBB 初号試作機についてご紹介しましたが、量産までの道のりはまだまだ遠く、ここから仕様が変わる部分も出て来るかと思います。
熱心な JW ファン、また、TTI ファンの皆様にご満足いただける製品をお届けすべく開発を進めて参りますので、今春の発売(予定)を楽しみにお待ちくださいませ!!




























  

BG-17 CO2GBB 本日発売! メーカー在庫僅少ですのでお早めに…

ついに! [ BATON airsoft ] BG-17 CO2GBBが本日発売! この週末には全国小売店様店頭に並ぶと思いますので、どうぞお手に取ってご確認いただければ幸いです。

おかげさまで BG-17 CO2GBB は発売日だけでかなりの数量が出荷され、在庫が少なくなっております。2月には BG-17 CO2GBB はメーカー欠品する見通しですので、ご希望の場合はお早めに在庫のあるショップ様でご購入いただければ幸いです。今期、新製品を連続発売しますので、BG-17 CO2GBB の再生産は未定で、おそらく夏以降になります。








もっとも有名なポリマーフレームオートの最新版 " Gen.5 " をモデルアップしたCO2ガスガン BG-17 CO2GBB。特徴的なスライドカットやグリップパターン等の外見を完全再現。さらに独自の内部構造とすることで、樹脂スライドながら MOS(モジュラー・オプティック・システム)までも再現。4種類のMOSプレートが付属し各社ダットサイトに対応。



【CO2ガスガン】最新Gen.5を再現・樹脂スライドでMOS搭載、BG-17 CO2GBB







[ BATON airsoft ] BG-17 CO2 マガジン【JASG認定】
新発売!


































  

PP-2000 CO2GBB 久しぶりの再生産で2月中旬発売予定!

近未来的形状が魅力のサブマシンガン [ MODIFY ] PP-2000 CO2GBBCO2マガジンガスガンマガジン両対応でサイレンサーホルスタータクティカルライト等の純正オプションもラインナップ。各部改良で耐久性を向上し、2年ぶりの再生産2月中旬発売予定です。



[ MODIFY ]PP-2000 CO2GBB【JASG認定】
2月中旬発売予定































  

[ ICS ]CXP-MARS PDW9 商品紹介

感覚的には4~5日前に年が明けたような気がしてならないのですが、1 月も中旬に差し掛かろうという今日この頃、当ブログ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
この調子だと 2023 年もあッという間に過ぎ去って行きそうですが、しっかり目標を立てて、一歩ずつ着実に進んで行きたいと思います。

さて本日は、先ごろ再入荷を果たしました、台湾のトップエアソフトメーカーICS 社 の人気商品、CXP-MARS PDW9 をご紹介いたします。


エアガンの世界でももはやお馴染みとなった PCC ( ピストルキャリバーカービン ) にカテゴライズされる長物電動ガンで、下方に伸びた細長いマガジンが特徴的なモデルです。
製品としては、画像の URBAN GRAYBLACK の 2 種類が存在するのですが、当記事執筆時点での在庫は画像の URBAN GRAY のみとなっております。





と、言っておいて説明用画像が BLACK モデルなのが申し訳無い限りなのですが(汗)、色以外はすべての仕様が共通なので、参考にしていただければ幸いです。
シャープなデザインが目を引くスリムなハンドガードは、両側面と底面に合計 6 か所の M-LOK スロット を備えた 6.5 インチのアルミ合金製で、取り回しやすさと拡張性の高さを両立しています。





複雑な面構成が魅力的なレシーバーは金属製で、多少ラフに扱ってもびくともしない剛性を確保。AR15系で見慣れたエジェクションポートが半分ほど塞がれているのが新鮮に映りますね。そのエジェクションポートから除くブロンズカラーのダミーボルトは、射撃時にピストンと連動して前後に動くギミックが楽しめます。

また、「 コンペティション・ショートストロークトリガー 」 と名付けられた直線的なデザインのトリガーは、SSS.Ⅱ(ローマ数字の2) 電子トリガープリコック機能 によるレスポンスの鋭さに加え、3点バースト への切替も可能です。





レシーバー左側面に見えるセレクターレバーとマガジンリリースボタンがアンビ仕様になっているのはもちろんのこと、マガジンハウジング後方下面に見えるボタンを押すことでも、マガジンを抜き取ることが出来る構造になっているのが本製品の面白いところです。





この金属レシーバーは ICS 社が誇る分割式メカボックスを搭載しており、画像のような実銃同様のテイクダウンが可能です。
見た目の本物らしさだけでなく、日常的なメンテナンスが簡単に出来るのは嬉しい限りですよね。





真っすぐ後方に引き出すタイプのPDWストックは3段階の伸縮が可能で、堅牢なロック機構によりガタつくようなことは一切ありません。
画像は最長の状態を写したもので、この時のガンの全長は 690mm。ストックを最短状態にすると 619mm というコンパクトサイズになります。
尚、バッファーチューブにあたる部分がバッテリー収納スペースになっており、7.4 V 1300 mAh 程度までのスティックタイプリポバッテリーが対応可能です。


ICS 社独自開発の SSS.Ⅱ 電子トリガー により、素早いトリガーワークに追従するプリコック機能と、簡単なセッティングで切り替えられる 3 バーストショットも楽しめる電動ガン、CXP-MARS PDW9
細部に至るまで丁寧に作り込まれたクオリティの高さで、コレクターの皆様にご満足いただけることはもちろんのこと、サバゲーを嗜まれる紳士淑女の皆様におかれましては、フルオート禁止のインドアフィールドに持ち込むことでその性能を遺憾なく発揮出来ると思います。
新年最初の軍拡に、是非ともご検討のほどをお願いいたします!!









































  

プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading
エアソフトガン&パーツブランド BATON airsoft 、海外製エアソフトガンショップ Gunsmith BATON 、日本最大のシューティングレンジ BATON Range 、APSカップ競技銃チューニングショップ 蔵前工房舎 、オフロードバイクショップ『 Bivouac所沢 』 、電動オフロードバイク『 CAOFEN
』 の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 242人


PAGE TOP