【 VIPER TECH 】 M653 の画像届きました!

鮮烈ブローバックの CO2GBB というだけでなく、その仕上がりで M4 ガスガンの最高峰と言っても過言ではない VIPER TECH。9 月入荷予定ロットのご予約を承っておりますが、M653 の写真が届きましたよ (^_-)-☆



[ VIPER TECH ] M653 Carbine CO2GBB 【ホップ改良済】





これまで画像がなかったにも関わらず、ご予約をくださったお客様、誠にありがとうございました face06 はい、ちゃんと、A1レシーバー、14.5インチバレル、テレスコピックストック の M653 です!



また、引き続き、下記、M733SOPMOD M4 のご予約を承っておりますので、ご検討いただければ幸いです <(_ _)>





[ VIPER TECH ] M733 COMMANDO CO2GBB 【ホップ改良済】








[ VIPER TECH ] SOPMOD M4 CO2GBB 【ホップ改良済】







[ VIPER TECH ] M4 BSP専用CO2マガジン BK 【ガス漏れ確認済み】

























  

【 MP5 CO2GBB 】 「初速低下&動作不安定」 の修理法と予防法 【 トラブルシューティング 】

[ SRC ] MP5 CO2GBB シリーズ初速が極端に落ちる」、「動作が不安定になるといった症状が出た場合は、恐れ入りますが、マガジンのアウトプットバルブを新品に交換してください。



MP5CO2GBB の 低初速・動作不安定の症状があり調べたところ、その症状を起こすマガジンは アウトプットバルブ内部のガスケットが変形 していました。




MP5 CO2GBB マガジンのアウトプットバルブを分解するとこのようになっており、問題となるのは矢印の白いガスケットです。







左が新品の正常なガスケット、右が変形したガスケットで、ガスの圧力によって外側に押し付けられ続けると、ガス流路に向かって押し出されるように変形してしまうと思われます。結果、変形したガスケットによりガス流路が狭小化、CO2 ガス吐出量が減少し、初速低下・動作不安定を引き起こしていました。



上記、マガジンバルブトラブルの予防策として 使用後は撃ちきって、CO2ガスを抜いてからの保管をお願いします。



MP5 CO2GBB マガジンに空撃ちモードはありませんが、写真のようにプラスチック片等を挟んでマガジンフォロワーを下げておくことで空撃ち可能となります。



現在、メーカーに症状を報告し、アウトプットバルブを 至急、改良していただくよう依頼しております。現状、お客様に保管時にお手数をおかけしてしまい申し訳ございませんが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。















  

CO2 1本 【 80円 】 に値下げ! 最新ロット入荷しました!

CO2GBB® シリーズは多数のお客様にご愛顧いただき、誠にありがとうございます! そのソース、CO2 12g カートリッジの最新ロットが入荷しました。


これまでに 30万本 の CO2 12g カートリッジをご使用いただき、その消費量はうなぎのぼり。CO2 12g の今回ロットはさらなる大量仕入れでコストを削減しましたので、ご愛用に感謝し、Gunsmith BATON / Gun Shop BATON 販売の 50本セットは 1本あたり 80 円 (税抜)に値下げさせていただきます face06











また、1本ばら売りの CO2 12g は100円(税別)で価格据え置きですが、20本までは全国送料一律 378円 のネコポス発送対応ですので、お気軽にお求めやすくなっております!






お求め安くなった CO2 12g カートリッジで、より多くのみなさまが、CO2GBB をお楽しみいただければ幸いです。当店はこれからも CO2GBB シリーズのさらなるラインナップ拡充に努め、その魅力を高めていく所存です (^_-)-☆





~ CO2 12g カートリッジ 対応の注意 ~



「CO2 12g カートリッジ」と「CDX カートリッジ」は全長・直径は同一ですが、先端部の計が実測値が異なり、CO2 12g カートリッジの公差のほうが若干太くなっております。このため、CDX カートリッジ用 CO2 ガスガンには CO2 12g カートリッジは適合しない場合があります。また、当店販売の CO2GBB シリーズは CO2 12g カートリッジの適合を確認しておりますが(※)、当店販売以外の海外製 CO2 ガスガンへの適合は未確認です。

※ 当店販売の CO2GBB マガジンで CO2ホルダー(先端部の受け部分)の内径が7.7mmより狭い場合は拡幅加工を行ってから出荷しております。そのため、当店販売以外の CO2 マガジンは、同メーカーであっても適合の保証はございません。















  

【 BATON レビュー 】 [ SRC ] MP5 CO2GBB シリーズ

季節を問わずブローバックが楽しめる CO2GBB® シリーズ にサブマシンガン MP5 が新発売! 実銃同様、インドアで大活躍間違いなしの MP5 CO2GBB を解説していこう!


















SRC の MP5 CO2GBB シリーズは、実銃同様のスチールプレスアッパーレシーバー、初期型の 「 S ・ E ・ F 」 刻印のロアレシーバーを採用。

残念ながら、フォアグリップは後期型の大型タイプ、A3 のストックも後期型の F ストック形状となっている。これは同社のMP5 電動ガンからの流用だからであり ( 電動ガンのほうはピクトグラムの後期型レシーバー )、現状、初期型パーツはない。

しかし、このことは、SRC 電動ガンと CO2GBB のパーツ互換性を表しており ( ※ 他社製品との互換性は不明 )、電動ガンでは展開されている SD シリーズも、近日中に CO2GBB シリーズでも発売されることが予想される。

※ SRC MP5 電動ガンには K シリーズもあるが、レシーバー長の違いから CO2GBB のメカニズムはこのままでは入らず、現状、MP5K CO2GBB の発売予定はないとのこと。








9mm パレベラム弾を使用するサブマシンガン、MP5。その細いマガジンにも CO2 12g カートリッジを挿入できる特殊構造となっている。装弾数は35発だが、最後まで詰めるとノズルに干渉するので 1 発抜くか、フル装弾の場合はボルトオープンでマガジンを装着のこと。







CO2 カートリッジを挿入するときは、フタを指で締めて止まってから、コインまたは大型のマイナスドライバーで 一気に 1 回転 締めること。

フタをゆっくり締めるとガス漏れしてしまう。生ガスが漏れるとガスケットが冷却されダメになり、『 CO2 ホルダーガスケット 』の交換が必要になる。写真のピン 2 本で CO2 ケースは固定されているので、ピンポンチで固定ピンを打ち出して外しケースを取ると CO2 ホルダー(口金を受ける部分)にアクセスできる。CO2 ホルダーガスケットは、エポキシ系接着剤等で接着のこと。







CO2 12g カートリッジ 1 本での発射可能弾数は セミオートで 60 ~ 70 発程度、フルオートで 50 発程度。CO2 は寒さには強いが、連続射撃をすると、高圧ガスゆえに CO2 自体が急速に冷えてしまうのでフルオートの継続性は高くなく(※)MP5 CO2GBB もセミオート中心の運用を推奨

※ これは気化室が12gカートリッジの小さな空間に限られるからで、この問題を解決して高いフルオートの継続性・安定性を実現しているのは、マガジン全体を気化室とする [ APS ] DF / BH -BSP 用 CO2マガジン であり、BLACK HORNET の高速フルオートは強烈 。


SRC MP5 は、これまでの CO2GBB ライフル、[ VIPER TECH ] AR シリーズ [ WELL ] AK74 シリーズ のような重くて強烈なリコイルではなく、軽く鋭いリコイル。ちょうど、ライフル弾とピストル弾の違いのような感覚だ。リコイルは軽いが、ロングノズル式ボルトの恩恵か、初速・弾道ともにこれまでのガスブロライフルよりも安定している







後部レシーバーピンを 1 本外すだけでストックが外れてテイクダウン可能、そして、もう 1 本、ロアレシーバー前方のレシーバーピンを外せば容易にフィールドストリップ出来る。







もちろん、MP5ならではのチャージングハンドルロックによるボルトオープンホールドが可能。チャージングハンドルは叩き落しても問題ない強度を持っている。







ホップ調整はフォアグリップを外してアウターバレル基部にある。ダイヤル式なので、射撃中にホップが狂うことがなく安定している。また、ホップパッキンは SRC 独自形状なので、他社ガスブロ系との互換性はない。









上から S : セーフティE : セミオートF : フルオート のセレクター。レシーバー左側には 「 Kal. 9mm ×19 」 の刻印が刻まれている。実銃同様、コッキングしていない状態ではセレクターはセーフティに入らない。









A3 のテレスコピックストックと A2 の固定ストック。やはり日本では MP5 というとテレスコピックストックのイメージが強いためか、 2 :1 ほどで A3 が人気

…だが、サイレンサーを標準装備とする特殊部隊向けモデル SD系 だと逆に固定ストックのほうが人気となるかもしれない。 MP5 CO2GBB シリーズ、SD2SD3 の発売にも乞うご期待!















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP