【G17】 バリュープライスの APS グロックパーツ 【G18C】

APS の ハンドガンパーツは、DRAGONFLY / BLACK HORNET 用ではあるのですが、東京マルイ系グロックにも使用できるパーツがあれこれあります(多少加工が必要なものもあります。例えばグリップフレームはマガジンキャッチの部分を少し削らなければなりません)。

APS パーツの特徴は、なんといっても お安さ です! これだけ手の込んだ加工が施工されたステッピンググリップフレームでも、5,490円ですよ (^_-)-☆





[ APS airsoft ] GLOCK ステッピンググリップフレーム [ グロック17対応 ] 5,490円









[ APS airsoft ] GLOCK レールリヤサイト 1,490円










[ APS airsoft ] GLOCK マグウェル [ BK ] 1,390円









[ APS airsoft ] GLOCK マグウェル [ TAN ] 1,390円



















  

【 " 実 " の感触】 Real Sword スチールマガジン!

「究極のリアル!」 Real Sword は、エアガン本体だけでなく、マガジンも他社とは違う特別な逸品です。そう、すべて実物準拠の厚さと製法のスチール製 なのです face08


56式(AK47)、SVD 用マガジン ともに、触った瞬間に 「これは… (;^ω^) 」 と誰しも感じる、重厚感と質感。56式マガジンは、要はAK47で各社の電動ガンに対応ですし、SVD 用は RS のコピーである CYMA / S&T にも対応ですよ ノシ



































  

【M4に最適!】 スティックリポ 7.4v / 11.1v

新発売の BATON 7.4v / 11.1v 1300 mAh スティックはM4 電動ガン の ストックパイプ に最適! どこまで入るか収納写真を撮影しました (`・ω・́)ゝ

ただし、 電動ガンストックパイプ固定ネジの位置はメーカーにより異なるので、リポバッテリーの収納具合が必ずしもこの写真のようになるとは限りません。写真は APS M4 ストックパイプへの収納で、APSは奥の方にストックパイプ固定ネジがあるので、すっぽり入るのです。


また、リポ本体はストックパイプに入りますが配線は出てしまいます。 ストックを最短まで縮めたいのであれば、パッド部分に配線をまわせる RS-1 / RS-2 ストックを使うか、もしくは配線まで収納したい場合は、7.4V 900ショートスティックのほうが適しています。

それと、ストックパイプにリポを入れるにはヒューズが邪魔なので外してしまうか ( Gunsmith BATON で電動ガンご注文の際は、ヒューズが不要であれば、その旨をお伝えいただければ外します )、小型の平型ヒューズに交換するほうがいいでしょうね。





[ BATON airsoft ] 電動ガン用リポバッテリーE 11.1v1300mAh [ 40C - 20C ] スティック










[ BATON airsoft ] 電動ガン用リポバッテリーE 7.4v1300mAh [ 40C - 20C ] スティック



















  

【 27,680円 フルメタル 】 [ APS ] PATRIOT-R レビュー

インドアからアウトドアまで使い勝手の良いベリーショートM4、フルメタルながら 27,680円という低価格のアタッカーモデル、 [ APS ] PATRIOT-R のレビューをお届け!




レビュー 動画











ショップ別注、バリュープライスのアタッカーモデル


M4 ピストル [ APS ] ASR106 に M4 ストックパイプ & RS-1 ストック ( Gen.2 ) を装着したショップ別注オーダーのベリーショート M4。高剛性なフルメタルレシーバーながらバリュープライスを実現したアタッカーモデル。







極限まで切り詰めた RAS を装備(サイレンサー部はダミーでギリギリまでインナーバレルが入っています)。4面ピカティニーレールでタクティカルライト、フォアグリップ等のオプション装着も可能。





高剛性なフルメタルレシーバー





フルメタルレシーバーで高剛性を誇る。また、ピストン連動のブローバックギミックも搭載で撃ち心地も楽しい。





各部にエルゴノミックデザインのカスタムパーツ



標準装備のリノサイトは、折りたたんだままでもサイティング可能、ワンタッチを展開でき(APSロゴの部分を押す)、フルアジャスタブルと高機能なバックアップサイト。





グリップ・トリガーガードも使い勝手に優れたカスタムパーツ、マガジンは軽量でスタイリッシュな U-MAG。





SBD標準装備、11.1v リポ対応



バッテリーはストックパイプまたはRS-1ストックに収納。セミのレスポンスを追及するため BATON airsoft 11.1v スティック or セパレート (秒間約16発)が推奨バッテリー。SBD も標準装備で高電圧リポでもスイッチの焼けを抑制。





ダミーボルトは、ボルトキャッチ下部を押しながらチャージングハンドルを引くことで解放固定可能。ホップ調整も容易に行える。
















  

【 流速・極 】 二ヶ月かけてマイクロサイト等のセッティング完了 【 APS-2 / MOD24 】

私のとんでもないポカミスで、昨期の精度日本一を逃してしまった APS-2 流速・極

今期はオープンサイトクラス(※)に転身し、再チャレンジを始めたわけですが、7月の本大会後に造り始めて二ヶ月、ようやくセッティングが固まりました。

※ APS カップでのオープンサイトクラスとは(ライフル部門・ハンドガン部門ともに)、ダットサイトやスコープのことではなく、いわゆるアイアンサイトのことです。





なんでフロントサイトをバレルの先端ではなく、こんな中途半端な位置に付けているかというと、サイトディスタンス(※)の適正化 のためです ( ※ フロントサイトとリヤサイトの間の距離)。







上の APS-2 と 下の実銃エアライフル ファインベルクバウとを比較すると分かるように、実銃よりもエアガンのAPS-2のほうが長い のですよ。

APS-2 に装着しているのは実銃用のマイクロサイトであるので、通常通りバレルの先端にフロントサイトを設置すると、サイトディスタンスが遠くなり、フロントサイトの外周とリヤサイトのピープ穴を適切な間隔に合わせようとすると、リヤサイトをかなり前に出さなくてはなりません。でも、リヤサイトを前に出すと、ピープ穴の見た目直径が小さくなる=暗くなってしまいます。

明るく見やすくしようと リヤサイトを後ろに下げると、ピープ穴の見た目がフロントサイト外周に対して広くなりすぎて、正確なセンター出し(=サイティング)が難しくなってしまいます…




ということで、リヤサイトを最適な位置にしておいて 逆にフロントサイトを後ろに下げて 実銃のサイトディスタンスに APS-2 でも合わせたところ、バレル途中にフロントサイトが来ることになった次第です。

実銃のサイトを使っているのだから、実銃と同じ数値に合わせるのがマイクロサイトの性能を発揮させるためにはベストなセッティングであると判断したわけです。こんな風にちょっと変わったスタイルになってしまいましたが、そこはご愛敬 face03





上記のようなサイトの位置だけでなく、サイト高さやフロントリングの直径、そしてストックのアジャストなど、いろいろ試行錯誤を続けてきた結果、満足のいくセッティングとなりました。

そして昨日、9月30日の蔵前 APS 週末会では、189点-8X ブルズ : 98点-8X、プレート : 51点、ムーバー : 40点のスコアを出すことが出来ました!



特に、ブルズアイの結果を見ると、スコープで撃っていたときに引けをとらない集弾で (というか、スコープでも 8X は一回しか出したことがないです)、「マイクロサイトのセッティングはこれでバッチリ!」ということが確認できました (^_-)-☆





~ ここから宣伝 ~


上記のように素晴らしい性能を発揮している APS-2 流速・極 と同じ手法 BATON 流速ルーズバレル 6.10 X : 303mmを使用し、バレルスリーブを装着。スリーブ内の滞留空気の抵抗を低減するために、スリーブとアウターバレルにポート開け。MOD24ノズルをリメイクし、パッキンに対して最適化 で製作する、[ MODIFY ] MOD24 流速・極 受注承り中です!





MOD24 流速・極 で BLS 0.38g を使って最弱ホップで 10m を撃つと、私が APS-2 流速・極で APS カップ ライフル部門を撃っているのと同じセッティングになります。

…ただ、このセッティングは「 10mでベスト!」なのであって、これが、20m、30m. .. 50m の距離となっていくと、最適なホップ、最適な重量のBB弾は自ずと変わっていくと思います ( そもそも、0.38g弾では 50m も飛ばないだろうし (;^_^A )







また、蔵前工房舎 フルチューン が施工された APS-1 GM M97 も、よく中っております!

同日の蔵前 APS 週末会、ハンドガン部門もオープンサイトクラスで 191点-1X ブルズ : 93点-1X、プレート : 60点、シルエット : 38点 を記録しました ('◇')ゞ



APS- 1 / 2 / 3 、Type-96 のことなら、蔵前工房の桑田シャチョーが親切に相談にのってくださいますよ ノシ ( シャチョーは ちゃきちゃきの江戸っ子で口は悪いけどw とても優しいのです face02
















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 155人
PAGE TOP