JNCC R-3 参戦記

5月19日、岐阜県鈴蘭高原スキー場跡で開催された、『JNCC R-3 ワイルドボア鈴蘭』に参戦してきました(`・ω・´)ゞ





前日の土曜日に会場入りして、マシンを整備しながら生ビール icon22 もう、サイコー!

この日は民宿に泊まるので、パドックからもう一度運転しなければならないのですけど、今回から運転手付きなので、昼から呑んでも大丈夫 ( ̄ー ̄)vニヤリッ






前回、骨折しながら後かたづけして大阪から東京まで一人で運転して帰ってきた辛さがこたえたし、そして、もっと如何ともし難いケガをしてしまった場合のリスク回避のために、編集時代の後輩に同乗してもらうことにしました ( ´ ▽ ` )ノ  

彼はJNCCで写真撮影の仕事で行くんですけど、自分はどうせオグショートランポ「バトン号」に1台しかバイク載せないから、彼と、彼の一家(嫁さんと赤ちゃんも来ます)と、彼のブース出店の荷物を載せられる余裕があるし、一人で行っても4人で行ってもかかる交通費は同じなので、「交通費は全額俺が出すから、なにかあったとき助けて!」ということで、一緒に行くことにしたわけです face02








さて、今回の舞台は、閉鎖されたスキー場をまるまる使った贅沢なロケーション! 自分が出る3時間のCOMP-GPでは、全長6.8kmものロングコースです。






トランスポンダーで自動計測のJNCCでは、チェックポイント後に自分のポジションがモニターで表示されています。左から、名前、ゼッケン番号、クラス順位、同クラスの前走者とのタイム差、順位が上がったか下がったか、というデータをレース中に自分で確認できるハイテクなのです face05






こちらは朝一で行われる、70分のキッズ&トライクラス。このスタートを見ていていまさらながら気づいたんですけど、遠心クラッチのリクルスはスタート無双が出来ます!

JNCCのスタートはギヤをニュートラルにして左手をヘルメットに付けるヘルメットタッチスタート。リクルスなら、2速に入れっぱなしでスタートフラッグが振られたらアクセルを開ければいいだけ ( ̄个 ̄) フォッフォッフォ



そして、いざ、COMP-GPのスタート。スタートはクラス別で、自分は一番遅い、Rクラスですが、スタートは2番手でした!

…が、活躍はここまで、その後、4コーナーでボテゴケしてエンジン再始動に戸惑ううちに、ほぼビリです (^_^;) まあ、このあとボロボロになっていくので、スタート順位は別に意味はなかったんですけどねw

(※リクルスには本当に助けられました。ヘタっているときに、クラッチを握らずにマシン操作に集中できるというのはすごくラクです。ただ、登りの再スタートが辛いっていう弱点も分かりました。そりゃそうです、エンジンが止まっているとクラッチが切れている状態なので、坂で倒れているバイクを起こすと、スルスル~と落ちていってしまいます(普通はギヤが入っていれば、それがブレーキになります)。その打開策は、次戦までになんとかします (`・ω・´)ゞ )



ここはスキー場だけに激しい登りがあちこちにあります。しかも、コース設定したのが、61歳にして現役トップレベルライダー、石井正美さん(前戦、JNCC R-2では4位ですよ、還暦過ぎてるのに face08 )だけあってハイレベル…

自分のウデでは簡単には登れないセクションが2ヶ所あって、1周はなんとかかんとか走りましたけど、2周目はその登りセクションの2カ所目で、挑戦しても登れずコケて、坂の途中で止まっていると邪魔になるので下に降りる…というのを何度も繰り返し、「どうしたらいいんだろう…」ってレース中ながら30分ぐらい途方に暮れてました (^_^;)

でも、そうやってボケーッと他のライダー達の地獄絵図を眺めているうちに、雨が降りだしてきて、「ヤバい…これ以上、コンディションが悪化したら、マジに帰れなくなる face07 」という恐怖心に駆られチャレンジ!


でも、やっぱり登り切る直前でコケてニッチもサッチも状態になりました… ここで、隣で同じく転んでいたライダーに、「すみません、手伝いますから、自分のことも手伝って下さい!」と声をかけ、まずは彼のバイクを押し上げるのを手伝い、その後、自分のCRF450X君も二人がかりで押し上げてクリア出来ました (^_^;)

で、チェックポイントまで這々の体で帰ってきたら、2時間20分が経過していました。2周でこれだけかかっているので、3時間のレースでもう1周出来る自信がなく、ここでレースを終えました。結果、クラス78台中74位。なんともヒドイ結果ですが、とにかく、身体もマシンも無事に帰ってこれたので、良しとしましょう (´ー`)フッ





結果はひどかったし、走っているときは、「俺はなんでこんなことをしているんだろう…」って辛くて辛くて仕方なかったけど、終わってみると楽しかったでーす face05

さあ、気を取り直して、次戦、6月9日に長野県爺ヶ岳スキー場で開催される『JNCC R-4 ジョニエルG』に挑みます(`・ω・´)ゞ …でも、ここ、JNCCのなかでも一番、登りがキツイって言われているところなんですけどね face07 


同じカテゴリー(バイク)の記事画像
RARE ARMS “ ライブカート ” SR25 GBB 実射動画レポート
Ride and Gun!
とうちゃこ!
モンゴルへ出発!(私を探さないで下さい σ^_^;)
これ欲しいィィィ!…けど
誕生日無病息災祈念。そしてモンゴルへ!
同じカテゴリー(バイク)の記事
 RARE ARMS “ ライブカート ” SR25 GBB 実射動画レポート (2015-04-01 07:37)
 Ride and Gun! (2014-12-07 06:02)
 とうちゃこ! (2014-08-30 22:30)
 モンゴルへ出発!(私を探さないで下さい σ^_^;) (2014-08-25 12:28)
 これ欲しいィィィ!…けど (2014-08-13 06:06)
 誕生日無病息災祈念。そしてモンゴルへ! (2014-08-01 16:16)
更新日時:2013年05月21日06:17 │バイク


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP