BOLTのリコイルがついにAKにも!、他  第21回 HOOHA SHOW 】

その2から続く) 会場ではコスプレイヤー、モデルのお姉さんがあちこちで撮影会状態になってるのも HOOHA SHOW の風物詩ですね (^_-)-☆












鉄分多めはLCTだけではありません、こちらもガチなスチール多用系 E&L もあれこれ展示してましたよ ノシ

【 E&L 】
MUR Custom









先日、ご予約を開始したばかりの新作、MUR Custom シリーズも展示されていました。インナーサイレンサー風のフロント回りがカッコいいですね。実銃では民間人のサイレンサー所持はご法度だけど、エアガンなら、これで消音カスタムを創るのもありですね face05

E&Lの展示品には(このM4だけでなく、もちろんAK系にも)、あちこちにマグネットをくっつけてスチールパーツであることをアピールしてました (*^。^*)





【 BOLT 】
AKS-74U B.R.S.S. プロトタイプ









これまたプロトもプロト、ビニールテープとタイラップで固定して、とりあえず動くようにした AKS-74U B.R.S.S. プロトタイプです (゚д゚)! AK系用のリコイルシステムのテストモデルですが、リコイルシステムはメカボの上にありました。AK系だとバッテリーの場所が問題で、その辺はこれから考えるようです。

さすがにこの状態で展示はしていませんでしたが、シャチョーさんに頼むと机の下からひっぱりだしてきて撃たせてくれました。おおらかですねぇ~face02


AKS-74U B.R.S.S. プロトタイプの動画も撮りましたよ!






もちろん、BOLTの展示品は販売するものがいっぱいでていました ↓





ちなみに銃を手にしているのは、セキトーさんの新人さんだそうで、まだ23歳、若いなぁ~face02 彼は一生懸命、日本語で呼び込みしていました。HOOHA SHOWは日本からのお客さん(主に仕事の人だけど (^^ゞ )も多いですからね。





【その他】


下記は新製品ではありませんけど、展示方法が面白かったのでパシャリ (^_-)-☆



ACETECHのLEDトレーサーは、蓄光BB弾を撃つのではなく、上から連続して落として延々と光らせ続けてました。







各種ブルパップコンバージョンキットなどを手掛けるSRUでは、ブースを囲って暗くしておいてテーブルをライティングしていました。写真撮りづらいけど、カッコいいですね~!





展示品・メーカーは紹介しきれませんが、今回も HOOHA SHOW は面白かったし刺激になりました! 次回の日程は決まっていませんが、たぶん、いつも通り、8月後半になるのでしょう。また次回も楽しみにしています (^_-)-☆




その他、台湾出張の小ネタアレコレは、個人ブログで書きましたので、よかったらこちらもどぞ→ 台北一美味い魯肉飯(ルーローハン)屋、ほか 台湾「裏道」TIPS 10















  

まさに大物! LCT PKP・G3、ASP SVU 【 第21回 HOOHA SHOW 】

その1から続く) 今回、HOOHA SHOWは 初めての(だったような気がする)香港 ASP も出展していました!


【ASP】
SVU




とはいえ、展示していたのはSVU 1丁だけでしたし、どうやら香港本社の人はいなかったようで、台湾の代理店の人が展示していたようです。


今回、いつもよりHOOHA SHOWの出展社・来場者が少なかったようです。それは、ドイツで開催されるIWAと日程が近くて、IWAへの出店準備のためHOOHA SHOWに出店しなかったメーカー(VFC、MODIFY等)もあったのと(展示品やブースの什器をドイツまで送らなければならないから、時間が必要ですもんね)、18日(土)が休みではなく仕事の日になってしまったからとのこと。

聞いたところによると、来週に18日の休みを移動させて連休にすることを今年に入ってから政府が発表したとか(だからカレンダーは18日が休みのまま)。中華圏では春節の時などに連休を伸ばすため、前後の土日休みをずらしたりするのですが、今年に入ってから急に休みをずらすとは大胆ですね (;^_^A






でも、もちろん、HOOHA SHOW には注目の新製品はあれこれあります。なんといっても、目玉はコレですよね (^_-)-☆


LCT
PKP ペチェネグ




















昨年の RPD に続き、またしても LCT が大物をリリース、今度は PKP ペチェネグ とは! …東側なみなさんのお財布が心配になっちゃいますね (;^_^A

プロトタイプとはいえ、その複雑な造形にうっとりしてしまう出来ですね。例によって、夏ごろになるのでしょうか? まだ発売時期ははっきりしないようですが、わくわくしながら待ちましょう face02





【 LCT 】
G3











そして、LCT のもうひとつのブランニューは、なんと G3 ! 意外なところを攻めてきましたね face08 それにしても、こうしてあらためて見ると、G3って細いし長いし、昔の「小銃」の流れをくんでいるようで、歴史を感じます。そして、プラスチックパーツ、グリップが透明な樹脂(レジンかな?)で作られているのが、まさに開発中という感じで逆にカッコいい!(^◇^)



日本メーカーだと、この状態から発売まで何年もかかるような場合も多いと思いますが、この状態から年内には発売してしまうのが、LCT、そして中華メーカーの凄さですよね。試作品は試作で終わらせない、圧倒的な開発スピードとバラエティに富んだ製品が続々登場してくる… HOOHA SHOWではいつも そんな中華メーカーの勢いとパワーを見せつけられます。



昨日でHOOHA SHOWは閉幕しましたが、レポートはもう少し続きます (^_-)-☆
















  

待望のガスガン用ドラムマグ、ICS 新製品 【 第21回 HOOHA SHOW 】

2017年2月17日~19日、アジア最大のミリタリーショー 『 HOOHA SHOW 』が台北にて開催。注目の新商品、会場で見つけた面白いものなど、レポートしていきますね!


【 HFC 】

ガスガン用ドラムマガジン [ M9、Glock、etc ]










まず気に入ったのが、HFCというメーカーが開発中のガスガン用ドラムマガジン。撃っていて楽しいし、インドアでは威力を発揮するガスブロハンドガン、装弾数で電動ガンに撃ち負けることもありますが、このドラムマガジンなら大丈夫!

ガスはドラムマガジン側に注入するので容量もかなり増えるし、冷えにも強くなるでしょう。また、フィールドのレギュレーションでOKなら、このドラムマガジンを外部ソース化してしまえば、ガスブロハンドガンに脅威の戦闘継続力を与えることが出来ます (; ・`д・´)

まだプロトタイプでM9用だけですが、発売予定の6月にはGlock用も制作、その後、バリエーションを順次増やしていくとのこと。当店で取り扱いますので、乞うご期待 (^_-)-☆




また、HFCではミニグレネードランチャーも試作していました。






これも楽しそうですから、発売を心待ちにしまよう!






【 ICS 】
M.A.R.S.














セパレートメカボによるリアルテイクダウン+ブローバックギミックを持つICSのM4に、新たなカスタムライン M.A.R.S.が登場!

軽量化と高剛性を両立したカスタムレシーバーに、アンビセレクター&アンビマグキャッチを装備。攻撃的なデザインの新型RASは、上面レールもキーモッドとすることで、さらなる軽量化とホールド性の向上を実現。

RASの長さはショート、ミドル、ロングの3種類で、この展示のストックの組み合わせは、まだ暫定のようですね。





【番外】

HOOHA SHOW はメーカーが新製品を発表するショーケースというだけでなく、様々なショップが出店する物販イベントでもあります。ふと歩いていたら、こんなものが売られているのを発見!






これって、むかーし、乙夜さんが配った(販売した?)Gunsmith BATONの広告写真を集めたディスクじゃないかな? なんでも売っちゃうんですねw 懐かしい写真を見ました face02


















  

秘密兵器 スマートショット入荷! もちろんDRAGONFLYも、PHANTOMも!

さあ、いっぱい入ってきます! 本日、APS納品予定です ノシ

※恐れ入ります、土日祝日は通販対応が休業のため、ご予約品の出荷・ご入金依頼の連絡等は、20日(月)以降となります。お待たせしてしまい申し訳ございません。




こういう ↓ 秘密兵器的なもの大好きなのです





弾切れしてしまったときの最後のあがき、出合頭の一発! もしくはショットシェルをたくさん持って連射もあり !? face02

そしてハンドガンだけでなく、4面レールの長物に4個スマートショットを付ければ4連射できますよw


当店では、スマートショットにPPSのショットシェルをセットで販売しますが、このPPSのショットシェル、入荷されて分かりましたが、箱出しではダメダメでした (;^_^A 付属のグリスが固すぎて、そのままではまともに動作しないので、当店で分解・洗浄・再グリスアップ、そしてもちろんガス漏れチェック&動作確認してから出荷しています。





そして、もちろん、DRAGONFLYや各種パーツ、電動ガンも入荷しましたよ face05







※「全国送料無料、初速・動作確認(ホップ調整は行いません)」でカクヤスの Gun Shop BATON での販売もございます。








※「全国送料無料、初速・動作確認(ホップ調整は行いません)」でカクヤスの Gun Shop BATON での販売もございます。









※「全国送料無料、初速・動作確認(ホップ調整は行いません)」でカクヤスの Gun Shop BATON での販売もございます。








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから







※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから






その他、パーツ類等、APS一覧はこちら
















  

E&Lの最新作MUR Custom、M4系、AKM、間もなく再入荷です

お待たせしました! ひさびさにE&L airsoft が再入荷! 最新作のMUR Custom も含め、2月下旬~3月上旬入荷予定でご予約開始です!


リアルを極めたAK系で始まったE&Lですが、M4系も素晴らしい出来で、しかも安い!ので、とても人気。前回、前々回入荷の時は、素のM4A1が一番早く売り切れたのですが、プラスチックパーツも含め質感が高いし、とってもお得な価格なので、選ばれたのでしょう。

新作の MUR Custom ではRAS&フラッシュハイダー、グリップ、チャージングハンドルとカスタムパーツが配されているだけでなく、アンビセレクターも採用!(これまでのEL M4系もセレクターインジケーターはライブでいつでもアンビ化出来たわけです)。 これまた人気が出そうなスタイルですね (^_-)-☆












※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから










※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから








※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから
















※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから















  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 156人
PAGE TOP