弊社の今後。「中華エアガン」の過去・現在、そして未来

イチローさんのブログでの「JWCS休止」に対するコメントへの返答です。下記の文章のどこかに「入力禁止用語」が含まれているらしく(ミリブロのシステム上、文字のつながり等で自動的に入力禁止用語と判断されてコメントできないときがあります…)、イチローさんのブログでは書き込めなかったので、こちらに書きます。



>燕さん みなさん イチローさん


ご意見ありがとうございます。株式会社バトンTradingの大塚です。

ご指摘のように、4年前に当店の調整要件の記載に不備がありお客様に不信感を与えてしまい誠に申し訳ございませんでした。

中華エアガンは玉石混合であり、箱出しではまともに動かないメーカー・商品から、日本製と変わらないかそれ以上の品質を誇るメーカー・商品まで様々です。しかし、海外メーカーによる保証はなく、当店では箱出しで使える性能を保証し、販売後も破損時の修理を行うことで安心てお客様が購入できることを目指してきました。

当時、高い品質のメーカーの製品で、なおかつチューナーが試射を行ない発射性能に問題のないもの、すぐに破損するような不具合がないものは、ホップ部分の調整・改良だけでメカボの分解までは行わないケースもありました。その場合でも、もちろん当店の無償修理保証をつけたうえで、当店の責任で販売していました。

しかし、ご指摘のように記載に不備があり、申し訳ございませんでした。いまは、どのメーカーでも、製品に不具合がなくても、必ずメカボまで分解して調整する「Gunsmith BATON」と、試射して不具合がないなら、当店で行うのは初期不良対応だけですが格安で販売する「Gun Shop BATON」という2つの販売形態に分けております。
(※ただし、明らかに不具合が生じる、もしくは性能が著しく低いことが最初から分かっているメーカー・商品はGun Shop BATONでは販売せず、必ず調整してGunsmith BATONでの販売にしています)



そして現在のこと。上記では「玉石混合の中華エアガン」と書きましたが、中華メーカーといえど、もちろん市場による淘汰が進み、低品質のメーカーは徐々に消えていき、そしてもちろん企業努力が繰り返され、中華エアガン全体の品質は数年前から大きく向上しています。また、現在の日本の海外エアガン市場は、品質が高い台湾製メーカーが中心となってきました。

こうした変化から、低品質な中華エアガンをチューニングして、箱出しでも日本のお客様が満足できる性能を発揮させて販売する「中華エアガンチューニング」という必要性自体が減免してきたことを感じております。

そこで弊社は、これまでに蓄積した「チューニングショップとしての技術力」、「インポーターとしての経験とルート」をもとに、あらたな道を模索しているところです。

『市場の変化に合わせるのではなく、市場を変化させて需要を創出する。道は自ら切り開く』を旨として、これからも邁進していく所存です。



いまはまだなにも約束できませんが、いつの日か、再びを信じてJWCS「休止」と書きました。では、また その日まで (‘・ω・́)ゝ




  

短くても失ったものはなし!CAPTAIN MTR

ICS M4カスタムで CXP-UK1の名前を関しているものは、軽量でカスタマイズ性に優れたキーモッドRASを装着したシリーズです。



そのCXP-UK1シリーズのなかでも最短RASかつストックを装備したCAPTAIN MTRは、いま一番売れているモデルです。

この短さでもストック装備できちんと肩当てして狙え、内部機構はリアルテイクダウンの『EBB Split Gearbox』装備で、もちろんブローバックギミックも搭載。初速は長くても短くても90m/sec前後で飛距離も変わらず、M4ですからマガジンの互換性やRASの拡張性も高い!

…ということで、この可愛らしいフォルムにすべてを兼ね備えたサバゲスペシャルですね face02














※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから
















  

シューティングマッチ『JWCS』 運営休止のお知らせ

2014年5月10日の月例会でスタートしたシューティングマッチJWCSは多くのみなさまにご参加・サポートしていただき誠にありがとうございます。


JWCS は実銃シューティングマッチ『WCS』を基本ベースとしておりますが、2016年12月末、カリフォルニア州 ISI シューティングレンジの閉鎖に伴い、2017年の WCS チャンピオンシップは中止となりました。また弊社は、昨今の市場環境に合わせた経営スリム化・経営資源の集中を行わなければならず、誠に申し訳ございませんが2016年1月16日をもって JWCS の運営を休止させていただきます。

株式会社バトンTradingによる JWCS ポスタルマッチ・チャンピオンシップの運営は休止させていただきますが、JWCS公式サイトスコア集計システムはこれまで通りご使用いただけますので、各地での JWCS ローカルマッチを楽しんでいただければ幸いです。公式サイト・FBページでのJWCS関連イベント告知を承りますので、お気軽にご連絡・ご相談下さい。



これからも、みんなでシューティングマッチを楽しんでいきたいです!


株式会社バトンTrading
代表取締役 大塚正樹



  

特殊部隊向けSIGライフル、再入荷です

看板モデルM1ガーランドと並んで、こちらもICSの定番人気商品、ず~~~っと売れ続けている SG552 が再入荷しております!

ICSのSGシリーズは30連マガジン(多弾数)が標準装備で、また、ダミーカートが見えるノーマルマガジンも人気! オプションパーツでスタンダードレール(短いレール)、タクティカルレール(レシーバー上部全面を覆う長いもの)、ダットサイト等をつけたときのためのストックのチークレストもございます face02


<諸連絡>
残念ながら、ICS SG551のほうはメーカー欠品中で、再生産は3月ごろになるとのことです。また、ICS純正パーツご予約注文の方、大変お待たせいたしました、10月~12月にかけてご注文の方の分と、それ以前の欠品中だったパーツ類が一緒に入荷しましたので、明日の月曜日、順次発送手続きさせていただきます。













※ 「全国送料無料、初速・動作確認、二ヶ月無償修理対応」でカクヤスの Gun Shop BATONでのご購入はこちらから







































新春セール ラスト1日ですよ!





  

世界で一丁だけのTOP M4EBB カスタムを " 2丁 " も販売 !?

世界唯一の電動ライブカート、TOP M4EBBシリーズは、当店でもいろいろ作ってきました。2012年には 限定モデルのGunsmith BATON HK416EBBも販売しました (^_-)-☆ ( いまは商品ページもなく、ハイパー道楽さんの記事に残るだけですが (^^ゞ )

昨年末、期末棚卸で倉庫を整理していたら、前に製作した TOP M4EBBのDEMOカスタムが2丁出てきました。このままホコリを被らせておいても もったいないので、ここで惜別、中古として販売しちゃいます!













いまとなっては、このカスタムは中身よりもむしろ外装に価値があります! もうMAGPULとPTSの関係が切れてしまったので、二度と再生産されることのない、MAGPUL PTS レシーバーですよ!!

同じM4とはいえ、通常の電動ガンレシーバーにポン付けでTOP EBBメカボを組み込めるわけではなく、アッパー・ロアーともレシーバー内部を相当削って、きちんと動作させるための調整にかなり苦労して製作しました (`・ω・́)ゝ
















DiabloのスカスカRASが好きだったので製作しました。その後、鈴友セラコート&刻印も施工してさらに格好良く仕上がっております!

…ただ、アキバ店のレンタルガンとして使用していたので、かなり使用感があります。傷を写真で確認してからご購入下さい(商品ページで拡大写真を見れます)。こちらはTOP M4をがんがんゲームで使いたい方へ!










  



プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 155人
PAGE TOP