LCT RPD 10~11月発売予定!

※2016年11月、LCT RPD発売!
商品ご購入はこちらのページから




台北では、アジア最大のミリタリーショー、『第20回 武哈祭 ( HOOHA SHOW ) 』が8月26日~28日の3日間にわたり開催中です。

そして、今回の HOOHA SHOW において、日本のエアガンファンにとって最大のトピックは、LCT RPD 電動ガン生産試作品の登場でしょう。さっそく、詳細フォトレポートを掲載します!









前回、2016年2月のHOOHA SHOWでは、まだ未塗装で試作品然としていた LCT RPD ですが、発売に向けた生産試作品となり、その完全な姿を現しました。









RPSならではのロングバレルとバイポッドですが、さすがLCTのスチール製で実に屈強であり、バイポッドを展開しても安定しています。









ガスチューブ先端にはガス流量選択のマーキングが忠実に再現されており、フォアグリップはもちろんリアルウッド。







マガジンは電動給弾で、容量約2000発。分隊支援火器としての十分なファイヤーパワーを持っています。







プレスで成形された複雑な造形の給弾口とリヤサイトまわり(BB弾はレシーバー下部に給弾ルートがあります)。








AKMをベースとしたRPKとは異なり、完全オリジナルのレシーバーを持つRPD。AK系との外装共用パーツがなく、レシーバーの形も異なるため ver,3 メカボも入らず、パーツ新作のコストがかかるため、これまでどこもモデルアップしていなかったRPDだが、こうして、ついにLCTが発売にこぎつけました。







トップカバーを開けるとメカボにアクセス出来る。あとは7.62x39弾のダミーカートがほしいところです。









グリップにモーターが入らないためリアルサイズでスリム。もちろん、ストックもリアルウッドで再現。







ボルトを引くと連動したカバーが後退し、ホップ調整が行える。チャンバーも専用設計のオリジナルで、ホップアジャスターはドラムタイプとなっています。







ストックパッドのカバーをまわし、バッテリーを収納。対応バッテリーはミニタイプ。







レシーバーの形に合わせて開発されたオリジナルメカボックス。モーターも一体化し、レシーバー内に収納。




LCT RPDは、10月~11月発売予定! 乞うご期待!

※大きなサイズの写真は、こちらのフェイスブックのアルバムに掲載

















同じカテゴリー(中華エアガン事情)の記事画像
【HTs-14 GBB 】 グローザ 8月入荷予定 【 stay tuned... 】
【 電子制御 】 CXP-MARS 詳細判明! ICS のFCU、『 SSS 』は一味違う!
【ICS 新次元!】 台湾エクセレンスで 電子トリガー採用公表!
CXP-MARS coming soon !! /  ICS 台湾エクセレンスアワード受賞!
大人の社会科見学 『 VIPER TECH 』  なにを造っているでしょうか?(もちろんCO2GBBの)
BOLTのリコイルがついにAKにも!、他  第21回 HOOHA SHOW 】
同じカテゴリー(中華エアガン事情)の記事
 【HTs-14 GBB 】 グローザ 8月入荷予定 【 stay tuned... 】 (2017-07-07 06:26)
 【 電子制御 】 CXP-MARS 詳細判明! ICS のFCU、『 SSS 』は一味違う! (2017-06-30 06:06)
 【ICS 新次元!】 台湾エクセレンスで 電子トリガー採用公表! (2017-06-17 07:21)
 CXP-MARS coming soon !! / ICS 台湾エクセレンスアワード受賞! (2017-02-28 06:05)
 大人の社会科見学 『 VIPER TECH 』 なにを造っているでしょうか?(もちろんCO2GBBの) (2017-02-24 06:59)
 BOLTのリコイルがついにAKにも!、他  第21回 HOOHA SHOW 】 (2017-02-21 08:45)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 153人
PAGE TOP