東京マルイ AA-12 外装分解


当ブログ前回記事でアキバ店レンタルガンとしての稼働開始をお知らせしました、東京マルイさんの新製品、AA-12。当然弊社でも発売と同時に入手し、内部チューンの可能性を探りました。今回の記事では、この新製品を分解して行く様子をご紹介いたします。ただし当記事の内容は、あくまで研究のためにエアガン調整のプロが作業しているものです。分解を推奨する趣旨の記事ではないことを、あらかじめお断りしておきます。



箱から出したAA-12を、作業台の上に乗せました。この時点で分解方法はまったくわからないので、どうすれば安全に分解出来るのかを、探りながら作業を進めて行きます。




一体成型の銃本体には、分解の手がかりになるようなネジやピン等がほとんど見当たりません。まずは外せる部分から、ということで、バッテリー収納スペースのフタを兼ねている、バットプレートを外しました。




こちら、ストック内部を後から覗いたところですが、中に見える2本のプラスネジを外してみます。





すると、スリングスゥイベルが組み付けられた、ストックインナー(パーツリスト上の名称)が取り外せました。ストック後方から見た限り、これ以上外せる部品は無さそうです。





次に、本体中央付近の両側面にある、ストックスナップセットを外します。この時点ではまだ、本体パーツが分解出来る気配がまったく見えていません。





次に、グリップ底部のマガジンガイドパーツを止めているネジを外し、中央のロックパーツを後方にずらします。これで、グリップ底部のロックが開放された形ですね。




工程を端折りましたが、黄色い矢印で指した2箇所のネジも外すと、マガジンガイドパーツがグリップ下から取り外せます。すると、グリップ下から付き出している亜鉛のパーツ・・・




グリッププレートを、グリップ内から引き出すことが出来ます。





上のグリッププレートを引き抜いたことで、銃本体、左右レシーバーのロックが解け、本体右側、画像では上にあたるレシーバーを、後方にずらすことが出来ました。




フロントサイト下に見える円形部分の構造から、レシーバーを後方にずらすことは予想出来ていたのですが、どうやればそのロックを解くことが出来るのかがわからなかったのですね。




右側レシーバーを外した状態がこちらです。メカボックスをはじめとする巨大な構成部品が、ぎっしり詰まっていますね~。外装は完全なモナカ構造で、わかってしまえば非常に簡単な分解方法でした。




ストック下部の空間は、バッテリー収納スペースになっています。東京マルイさんの説明書によれば、東京マルイニッケル水素1300mAh Mini-S 1300バッテリーの使用が推奨で、他社製品や指定外のバッテリーは絶対に使用しないようにとのことです。




こちらはメカボックス中央付近、シリンダーの見えるあたりです。左側にある黒い箱は、FETシステムボックスとのこと。東京マルイ製の電動ガンでは、初めて搭載されたもので、なんともドキドキするではありませんか。




ここで、左側レシーバーからメカボックスを取り出して行きます。トリガー部分前方、2本のネジを外し、マガジンガイドセットを取り外します。




上記のパーツを外したことにより、レシーバーとメカボックスの結合はすべて解け、ご覧のように内部メカを剥き出し状態にすることが出来ました。




3本のインナーバレルが収まっているアウターバレル(画像上側)はさすがの太さですね。並列に3個並んだホップ調整ダイヤルは、どのような仕組みでホップパッキンにテンションを与えているのでしょうか。




メカボックス中央部からのぞく、シリンダーと思われる円筒の一部は、随分細身に見えますが、ピストンまわりがどのような構造になっているのか、興味が尽きませんね。




メカボックス後部にはモーターと、軸受けが見えることから、ギヤが入っているであろう部分が見受けられます。その下にあるふくらみは、後退したピストンが入り込むスペースのように見えますが、その構造は果たしてどのようになっているのか・・・・!? 次回、東京マルイ AA-12 メカボ分解編にて、詳しくご紹介いたしますので、楽しみにお待ちくださいませ!




















同じカテゴリー(中華エアガン分解講座)の記事画像
VIPER TECH  SOPMOD M4 BSP CO2GBB 分解講座 後編
【悲報】 RPDに重篤な弱点発覚。箱出しでは、そう長くは…
ASP SVU 分解・調整レポート [後編]
ASP SVU 分解・調整レポート [前編]
E&L MK18 / SOPMOD Ⅱ / M4A1 分解・調整レポート [後編]
E&L MK18 / SOPMOD Ⅱ / M4A1 分解・調整レポート [中編]
同じカテゴリー(中華エアガン分解講座)の記事
 VIPER TECH SOPMOD M4 BSP CO2GBB 分解講座 後編 (2017-01-10 06:06)
 【悲報】 RPDに重篤な弱点発覚。箱出しでは、そう長くは… (2016-12-03 05:58)
 ASP SVU 分解・調整レポート [後編] (2016-08-18 10:55)
 ASP SVU 分解・調整レポート [前編] (2016-08-17 07:20)
 E&L MK18 / SOPMOD Ⅱ / M4A1 分解・調整レポート [後編] (2016-08-12 06:06)
 E&L MK18 / SOPMOD Ⅱ / M4A1 分解・調整レポート [中編] (2016-08-11 06:19)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 153人
PAGE TOP