掛川でみた凄い人達

JANPS2014は、一人のケガ人もなく(みんなに心配されましたが、今年は骨折しませんでした (^^ゞ)、無事に終了しましたね。主催者のみなさまありがとうございました&一緒に撃っていただいた参加者の皆様ありがとうございました!



さて、自分の結果はあとで書くとして(ええ、結果が良くなかったから、あんまり執筆意欲がないのですよ (-_-;) )、まずは見聞録というか、2日間を通じて出会った凄いシューターのみなさんのお話。



まず、顔にガムテを貼っている衝撃の写真は “満点男” 横田さん




JANPS、APS CUPともに、ただ一人、満点を出したことがある、日本最高のアキュラシーシューター、横田さん。なんで、顔にガムテを張っているかというと、「プローン用のメガネを壊してしまったから」

今年、横田さんは1908点で3位でしたが、バリケとプラクティコゥはクリーンの480点、ムーバーも1ダウンの478点(10点枠からホントにわずかにずれて白が見えているだけでしたが)、敗因はフォーリンプレイトの1ダウン-10点だったんです。

この日の横田さん最初の競技がプレイトだったんですが、プローン用のメガネを壊してしまったということで、横田さんはプローンを使いませんでした。プローンの時は上目遣いになるので、普通のメガネだと視線がレンズの外になってしまうため、上に装着できるメガネを使っていたんですね。

でも、横田さんはトモさんに「メガネが壊れたぐらいでプローンを諦めるなんてもったいない!」と言われて目が覚めたそうで、もうひとつ、プローンを使う競技であるプラクティコゥでは、こうしてガムテを額に貼ってメガネを無理やり持ち上げて、そして今大会ただ一人のプラクティコゥ480点クリーンを達成しました。

※ちなみに、トモさんはプローン用のメガネを使うのではなく、普段使うメガネから上に装着しているそうです。プローンのため、シューティングのために、日常生活の方を合わしているとは!! …そういや、トモさんってギョロ目の印象があったけど、メガネが上にあるからレンズの中心に目があってそういう印象なのかも (・∀・)



また、前日の土曜日、もうそろそろ20時近く、練習の終了の時間が近づいていたときのこと、それまで、ずっと大会の事務仕事をしていたおしょうさんがようやく仕事が終わって練習にきて(本当になにからなにまでありがとうございます)、横田さんと二人で並んでプレイトを撃ちました。

このとき、おしょうさんは初撃ちだったせいか、かなり速めに撃ってタイムを余らせていたんです。でも、横田さんはおしょうさんに影響されず、4秒、5秒、6秒、7秒と正確に目いっぱい時間を使って6枚のプレートを倒していきました。自分ぐらいだとプレイトってどうしても隣の人に影響されてペースが変わってしまうんですけど、昨年の覇者、おしょうさんを相手に撃っても、まったく動じず、自らのペースを崩さず、確実に当てていく、横田さんの機械のように正確な時間感覚は凄かったです。



さらに言うと、バリケイドはクリーンが出やすい競技ではありますが(もちろん、クリーンって凄いことです)、横田さんはただのクリーンではなくて、48Xでのクリーン。4mから8mまで、4cmの黒丸に48発をすべて叩き込んだわけです。

この日、X数は横田さんが163でトップであり、これはJANPS史上、2番めのX数だったそうです。もちろん、歴代トップのX数は横田さんですがw


横田さんと同じスクワッドで撃って、その強烈な凄さを知りました。






そして、同じスクワッドで、もう一人驚かされたのはヤダピさん。最初のプレイトとバリケイドをクリーン、3番目のプラクティコゥも2ダウンの476点! 最後のムーバーで少し失敗して4位でしたが、最後までトップ争いを演じてました。

ヤダピさんは「JANPSは1920点を取るのが目標だから、順位は、まあ (^^ゞ」って言っていつものように穏やかに笑ってましたが、それにしても凄い! …というか、いつも爆速のスピードシューター、ヤダピさんの姿ばかりを見ていたから、このヤダピさんのアキュラシーシュートに、正直、自分は驚きました。これだけ当てられるからこそ、あのスピードで撃つことが出来るんですねぇ (・o・)





とはいえ、一番凄かったのは、やっぱり勝った人なんですよね、優勝はJSC主催のコーゾーさん! コーゾーさんとは別スクワッドだったので、撃つ様子を見ていなかったのですが、蓋を開けてみれば、2位のハヤマさんとの同スコアの1912点という超接戦を、X数により破り、見事、JANPS2014を制しました。

…実はコーゾーさん、前日の土曜日はガントラで、最後の最後までずーっと銃を分解しては調子をみることを繰り返していて、ほとんど練習できていなかったんです。自分はセーフティーエリアでコーゾーさんの近くに座っていましたが、コーゾーさんにシューティングの調子は聞かずに「銃はちゃんと動きますか?」って聞いていただけで、コーゾーさんの快進撃にはまったく気づきませんでした。だって、コーゾーさん、そんな良いスコアだったのに、いつものように淡々と平然としていたんですものw

この平常心も凄い! 自分だったら、良いスコアが出たら、舞い上がって自滅するパターンだもんなぁ、絶対 (^_^;)





そして、トップ争いばかりではなく、自分に身近なところでも凄いシューターを見ました。今年がJANPS初参加のT兄さん。自分がT兄さんと一緒のマッチに参戦するとき、T兄さんは、いつもタクティカルやタクレットを撃ってばかりで、ダットの載ったオープンガンをレースホルスターで撃つT兄さんをまじまじと見るのは自分は初めてでしたw

もちろん、T兄さんはタクティカルやタクレットでもスンゴイ速いドローだったんですけど、同じクラス、オープンのドローを見ると、T兄さんの上手さがよく分かりました。T兄さん、「スチャ」っと抜いて、構えたらすぐ初弾を撃つんですよね。実に安定していて速い!

今回、自分はマック堺さんに「バトンさん、ドロー速くなりましたねぇ!」って言ってもらいましたけど(昔がどれだけ遅かったかってことですが(^^ゞ)、自分は“速くなったというより、無理やりプッシュして速くしている”んですよね… 力づくで速くしようとしているから、ガッと抜いて構えたあとに安定せず、ダットが落ち着くまでワンテンポ時間がかかり、結局、初弾のタイムは速くはない…

T兄さんの「スチャ」はキレイなドローだったなぁ (*^_^*) T兄さんは、JANPS用のカップガンではなく、C-MOREの載った普通のスピードシューティング用のレースガンで、ニューカマー1位を獲得しました。





JANPSのセーフティでは、多くのシューターが自分の出店を開いてますが、こんな人を発見! たぶん、出店史上、最大級の(大きさ的な意味で)凄い大物販売、ササキさんがムーヴィングターゲットシステムを売ってました (・∀・)



横浜PCMにムーヴィングターゲットを設置したササキさん、自分が練習で出したムーヴィング競技クリーンのターゲット用紙を誇らしげに掲げ、「これを買えば、あなたもクリーン出来ますよ!」と言わんばかりの商売上手w

実際、本戦でもササキさんはムーヴィングターゲットで472点の高得点を達成し、10位という好成績を獲得していました。




この2日間、いろんな方のいろんなシューティングを見て、「ふぇぇ、凄い\(◎o◎)/!」って驚かされっぱなしでした。








…買わなきゃな ( ̄ー ̄)





















同じカテゴリー(シューティング)の記事画像
SATマガジン『葉隠訓練』開催迫る!
2015年のシューティングゥ!
2015年 初マッチはAPS!……( ̄▽ ̄)
Ride and Gun!
こ、これは!
Dear JANPS SHOOTER !!
同じカテゴリー(シューティング)の記事
 SATマガジン『葉隠訓練』開催迫る! (2015-10-10 14:31)
 2015年のシューティングゥ! (2015-01-07 16:16)
 2015年 初マッチはAPS!……( ̄▽ ̄) (2015-01-01 06:06)
 Ride and Gun! (2014-12-07 06:02)
 こ、これは! (2014-11-16 10:12)
 Dear JANPS SHOOTER !! (2014-11-07 16:55)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 156人
PAGE TOP