辛い、シューティング…

1週間に渡り、ぶわかもの組筆頭、テツヤさん、イチローさんのブログに「行きたいです!」と立候補して、初めてイチローさんの元を訪れたMasaさん、そして自分の3人で、『WCS&ビアンキカップ練習とマリポサWCSローカルマッチ参戦の旅』に行ってまいりました (`・ω・´)ゞ



「ビアンキカップに出ます!」と宣言してから初めての実銃練習、

結果、とても辛かったです




今回、練習したのはプラクティコゥとフォーリングプレイト(両方ともスタンディングのみ)で、ビアンキカップの“さわり”です。






正直、ビアンキカップがこんなに難しいとは思っていませんでした。プラクティコゥはエアガンよりタイムの余裕がありますけど、WCSでスピードシューティングを練習したとはいえ、リコイルで跳ね上がった銃口を戻して再度狙いを付けるのは時間がかかり、まったく時間が足りません。

だいたい時間が足りないという以前に、10ヤードの距離でもXに当てることは自分にとっては至難のワザ。今回は25ヤード(約23m)まででしだが、これですらダットが止められなくて、ただトリガーを引くだけ。これが50ヤード(約46m)になったら、どこを狙ったらいいか分からなくなるのではないかと恐怖しました。

さらにウィークハンドは、跳ね上がりをまったくコントロールできず、撃つのが怖くて怖くて仕方なかったです。



そして、フォーリングプレイト。「何回も練習していれば、運が良い時に1回ぐらいはクリーン出来るだろう」なんて考えていましたが、自分にはまったく無理です。最高でも44枚でしたが、とてもじゃないけど、クリーン出来る気配すらありません。時間を気にせず、オーバー・タイムしても構わずゆっくり撃っても、本当に自分が当てているのか、ただ運が良くて当たっているのか、その判断すら出来ないぐらいであり、完全に打ちのめされました…





そして、WCS。マリポサWCSローカルマッチでは、前回、WCSチャンピオンシップで記録した95秒には遠く及ばない108秒となり、自分に惨敗でした…




1ストリングでみると、「バットン、練習してきたなぁ! 前はもっさりしていたけど、今回はキレがあるわい」ってイチローさんに言われたぐらいで、上手くいったときは速く撃てたんです。でも、試合ではボロボロに崩れて、このタイム。速く撃てたけど、外しまくって結果にはまったく繋がりませんでした。

練習の時も、上手くいくとき、フリンチ出まくりでターゲット下の木を削りまくるときと、調子がバラバラで、「俺はいったいなにをやっているんだろう…」って、それはもう落ち込みました。



練習も試合も、一発一発、撃つのが辛かった。そんな1週間でした。



撃っている時、よくテツヤさんに、「ため息をつくな、バットン!」って叱咤されました。でも、そんな自分の落ち込みなんて、大したことないんですよね、自分はまだまだ下手であり、練習は始まったばかりです。

テツヤさんは、ビアンキカップに参戦していた頃、試合の前に3ヶ月も渡米して練習しまくっていたそうですし、トモさんも、毎年2ヶ月近くビアンキカップの前に渡米していて、それを四半世紀も続けているし、イチローさんは30年以上もビアンキカップに挑み続けているわけで、たかが数日、練習しただけの自分が落ち込むなんて、10年早い話でした。



夜、みんなでビアンキカップの話をしていると、昔、イチローさんが優勝候補だったときの話や、テツヤさんがラクラクとプレイトをクリーンしていた頃の話もしてくれました。そして、二人は、「あの頃のワシラはどこにいったんだろうな、テツヤや w」って笑って話しあっていたのが、とても印象的でした。

絶頂期を過ぎたとしても、それはもう戻らないことが分かっていても、自分に克つために、いつまでも、真剣に挑み続ける… そんな歳のとり方をしているイチローGUN団のシューターのみんながとてもまぶしく見えました。

自分は落ち込んでいるヒマなんかないです。まだ登り始めたばかりで、自分の最高も知らないんだから、ただひたすら練習を続けて上を目指すだけ。こんな辛さなんて、なんてことない話なんですよね、実は (^^ゞ



さて、今週末はJANPS! また、辛い思いをするのかもしれないけど、とにもかくにも全力でぶつかっていきまーす!







練習の合間、イチローさんが地面にジグザグの線を書いて、「シューターはこうやって、上手くなったり、下手になったり、上下しながら進んでいくんだよ」と、Masaさん、ニックさん、そして自分に諭してくれました。




















同じカテゴリー(ビアンキカップへの道 in BATON case)の記事画像
スランプ脱出宣言 (*^^)v
絶賛スランプ中…(-_-;)
楽しい、シューティング
怖い、シューティング
データ取り
The Cup Gun
同じカテゴリー(ビアンキカップへの道 in BATON case)の記事
 スランプ脱出宣言 (*^^)v (2014-12-29 06:06)
 絶賛スランプ中…(-_-;) (2014-12-02 06:06)
 楽しい、シューティング (2014-11-17 06:48)
 怖い、シューティング (2014-11-12 06:09)
 データ取り (2014-10-27 07:08)
 The Cup Gun (2014-10-24 07:26)

この記事へのコメント

ナーニが辛いですか❗️
思い返しましょうよ。アメリカに行ってホンモノのテッポウ撃ちホーダイですぞ〜❗️
楽しめ楽しめ‼️
チャレンジ、チャレンジ‼️
そんなにツライなら代わりにカズヤさんに行かせますか❓
ジョーダンじゃない‼️
こんな楽しい事、勿体無くて他の奴にはやらせるもんか❗️オレがやる‼️
そう思いません?
だったら、サァ❗️練習あるのみ‼️
Posted by chatter box at 2014年11月05日 15:05
楽しいだけの世界って退屈で、苦労や努力があって初めて、達成されたときの嬉しさがありますよね。

自分でいうとピアノがそうでした。指の皮や腱もボロボロ、全然弾けなくて、テーピングとアロンアルファで補強しながらもう鍵盤しか見えなくて
そしてある日突然、何でもなくコロっと弾けちゃったりするんですよね。その時の開放感というか、気持ちよさったらもう。
戦い続けるから、楽しいんですよね(^_^

日本の地から応援しておりますノシ 頑張ってください!
Posted by 乙夜乙夜 at 2014年11月05日 17:42
さすがchatter boxさん
いいことおっしゃる。

社長! 今度はデイブさんに、アメリカ取材の仕事を命じないと!
いい記事書くよ、彼は~~

オマケに、何人かサポートで付いていくから~~
Posted by まう@東大阪 at 2014年11月06日 02:41
>chatter boxさん

はい (^^ゞ 「アメリカに行ってホンモノのテッポウ撃ちホーダイ」ですもんね!

【辛】と【幸】は、字も似てるけど表裏一体、辛さを楽しみます (^_-)-☆


>乙夜さん

そうだったんですか、乙夜さんは本気でピアノに挑んで、そして、『自分に克った』のですね (*'▽')

自分も、「いつかやってやる!」と気合をいれて、がんばります (`・ω・́)ゝ


>まう@東大阪さん

今回、テツヤさんがGUN庫達にアクセスして、何度も何度も「これ、ぶわかもの達が超羨ましがるだろうな~」って言ってましたw

また、みんなで一緒に行きましょうよ!
Posted by バットン・オーツカバットン・オーツカ at 2014年11月06日 10:08
そうですよ、シャチョー❗️
後、一歩で辛いは幸せに、下手なら逆立ちすれば上手になるんです。
ようは、どう考えるか❗️あぁ、オレの実力って、このくらいなんだ。とか、ビアンキって、こんなに難しいんだ。とか感じる事が出来るんですよ。
楽しいと、幸せと思い込みましょうよ‼️
Posted by chatter box at 2014年11月06日 12:58
 お世話様です。
コメント見て書き子してます!
マリポサ良いな~! また行ってみたいですねぇ~ (^^;

ホルスタですが、P226+R226+X400で色は赤が希望です!!

ワガママ言いますがよろしくお願いします m(_ _)m
Posted by KO-1 「笛木 孝一」 at 2014年11月06日 18:45
>KO-1 「笛木 孝一」さん

こんちわっす! バットンです。ぜひ、今度は自分もご一緒させていただければ幸いです (^_-)-☆

すみません、まだ、会社に行ってないので送付済みでしたら申し訳ございませんが、販売の諸連絡のため会社のメール、info@gunsmithbaton.com へ、大塚宛てでご連絡いただければ幸いです。お手数ですが、よろしくお願いいたします。
Posted by バットン・オーツカバットン・オーツカ at 2014年11月07日 09:05
>本当に自分が当てているのか、ただ運が良くて当たっているのか、その判断すら出来ないぐらいであり、完全に打ちのめされました…<という表現は、射撃の道で上り坂にさしかかった者だけが実感できる感覚だよ。ウエルカム to シューティング ワールド(^o^)
Posted by 市 at 2014年11月07日 13:48
>市様

今回も本当にいろいろお世話になりました。誠にありがとうございます!

狙って当てたとき、ターゲットをやっつけたとき、「サイコーにキモチイイ!」のがシューティング ワールドですもんね! これからも精進し続けます (`・ω・́)ゝ
Posted by バットン・オーツカバットン・オーツカ at 2014年11月07日 17:20


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 157人
PAGE TOP