BATONピストン、350kg!

先日、開発を発表した『BATON airsoft メタルティースピストン 1590円(ポイント還元実質:1511円)』ですが、コトは順調に進んでおります。ついに、樹脂部分の金型が完成しました!






実は金型って見るのは初めてなんですが、凄いね。あんな小さなパーツなのに、これだけ複雑な形状が必要であり(ピストンの形状的にスライドさせるので)、350kgもあるんですね face08



そりゃ、ウン百万円もかかっちゃうわけだ ┐(´ー`)┌  それに、この代金には金型単体の価格だけではなくて、生産工場と幾度と無く繰り返した打ち合わせにかかる費用も含まれているわけですから、仕方のない価格なわけですね。BATONピストン設計図の初稿を書いたのは3月ですが、金型の制作に入ったのは6月のことです。




床の色でトリガートークのセーフティで打ち合わせをやってることがバレバレですねw Gunsmithバトンで、これまでの1万丁以上に及ぶ中華エアガンのチューニングで見てきたピストン、当店で扱ってきたチューニングメーカーのピストン、お客様から持ち込まれたピストンなどから得られた経験とデータから、「これが最高!」という設計を作ったわけですが、実際に生産するためには、「その設計ではここに樹脂が回らない可能性が高い」とか、「この公差を実現するためにはコストが跳ね上がる」とか、様々な課題が出てくるわけであり、こちらが考える理論と、現実的に実現できるベストの方法を擦り合わせるため、何度も設計図を書きなおしてきたんです。

あとは、メタルティース部分の金型が出来上がれば、いよいよ生産試作に入ります。たぶんそのスケジュールは8月上旬ぐらいです。うちはその試作ピストンに耐久テストを行い、「さらに良い材質はないか? 細部の修正は必要か?」など、煮詰めていきます。



金型の修正が必要になると、また、半月、一ヶ月とかかってしまうので、まだ、BATON airsoft メタルティースピストンの発売時期を断言出来ませんが、たぶん、9月~10月になるでしょうね。

どうぞ、オタノシミニ! 自分も楽しみです face05









【 70発動いた!! 】 [ WELL ] AK74 CO2GBB 日本仕様 製品版 レビュー 動画
【6000発 1280円】 コスパ最高の
【ガス漏れさせない!】 APS CO2 マガジンの使い方 【動画解説】
【いま売れてます】 CO2GBB のシーズン到来!
【G17】 バリュープライスの APS グロックパーツ 【G18C】
【
 【 70発動いた!! 】 [ WELL ] AK74 CO2GBB 日本仕様 製品版 レビュー 動画 (2017-10-15 07:13)
 【6000発 1280円】 コスパ最高の " ジェネリック BB " 新発売! (2017-10-13 06:22)
 【ガス漏れさせない!】 APS CO2 マガジンの使い方 【動画解説】 (2017-10-11 07:14)
 【いま売れてます】 CO2GBB のシーズン到来! (2017-10-08 06:06)
 【G17】 バリュープライスの APS グロックパーツ 【G18C】 (2017-10-07 06:06)
 【 " 実 " の感触】 Real Sword スチールマガジン! (2017-10-06 05:58)


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 155人
PAGE TOP