シューティングマッチのレジュメ

昨年の11月、「アキバ店のシューティングレンジで『PMC練習会』をやっているんだから、俺も一回ぐらい参加しなきゃな(^^ゞ」って、シャチョーの義務的に参加して以来、どっぷりとシューティングマッチのセカイにハマってきたバトン・オーツカですw



もちろん、自分のいまの仕事はエアガン屋ですし、それでなくても、中学生の頃から四半世紀もエアガンで遊んできたわけだし、『シューティングマッチ』というものに興味がなかったわけではありません。でも、いままでやったことがなかったのは、やっぱり「なんか敷居が高そう、難しそう…」ってのがあったんですよね。

仲間とそこら辺で遊んだり、フィールドの定例会に一人でも気軽に参加できるサバゲと違って、シューティングマッチは、「しっかり練習しなければ参加してはならないのではないか?」とか、「なにも知らない自分が行っても迷惑なのではないか?」とか、尻込みしていたんです…(^_^;)



まあ、自分はこうして、自分の店で練習会をやっているからっていうキッカケがあって入ってきたんですけど、それでも、まだPMCアンリミの2つしか出たことはなく、依然としてシューティングマッチについてはよく分かってません。

そして、自分がよく分かっていないということは、シューティングマッチにちょっとは興味があるサバイバルゲーマーのみなさん(Gunsmithバトンのメインユーザー層)も、あちこちでいろんなシューティングマッチはあるけど、シューティングをやってみたくてもどれに参加したらいいのか分からないのではないかと思ったのです (^_^;)



そこで、シューティングマッチをやっている人達にとっては常識でしょうけど、やったことない人達にとっては分からないであろうシューティングマッチの種類について、自分が調べたことをまとめてみました (`・ω・´)ゞ

シューティングマッチを、点数の付け方(順位の決め方)によって自分なりに4つに分類してみると…


A:タイムが少ない人が勝ちのスピードシューティング



WING CUP
( ※Aのステージ、Bのステージの組み合わせ)




B:時間が決められていて、そのなかで点数(枚数)を競う






C:点数を競う(精度を競う)





X:なんらかの目的へのトレーニング的アクションシューティング





それぞれの競技で求められるものは、スピード A←→C 精度 というイメージですね face02 (Xは番外というか、目的はコースによってそれぞれ違うので)


シューティングマッチのセカイをなにも知らないときの自分のシューティングマッチのイメージはCでした。ターゲットに向かって撃って、センターに近いほうが点数が高い。ひたすらに精度を競うというのがシューティングマッチだと思っていました。いまのところこれは自分は経験していないので、まだ未知数です(^^ゞ

また、Xは、それぞれのストーリー・目的があって、それに対するシチュエーションでコースやルールを設定して点数を付けていくという感じですよね。こちらもまだ未経験なので自分にはなんともです (^^ゞ



Aのスピードシューティングは、「決められたターゲットを全部撃って、そのタイムを競う」というヤツで、アンリミもジャパンスチールチャレンジも、ブザーでスタートし、ストップターゲットを撃つとタイマーが止まって、そのタイムが少ないほうが勝ち。アンリミではターゲットは5枚で、当てるまで撃ち直しOK、というか、4枚撃たないことには最後のストップターゲットを撃ってはならないわけです。

これ、上手い人の動画(マック堺さんとか、去年のアンリミ)を見ていると、とても人間技とは思えません face08 「コンキンカンカンコン」って、もんの凄いスピードでターゲットに当たっていきます! 5枚撃つのに2秒切っちゃったりするんですもんね、とんでもないです ( ゚д゚)ポカーン …

これはもはや、アスリートのセカイですよね。あのキレイな動きが出来るのは、それはそれは気が遠くなるような反復練習の積み重ねの成果でしょうし、そして才能も必要と思われます。「速いのが偉い!」だから実にわかりやすいです ( ´ ▽ ` )ノ



そして、自分がハマっているBのPMCなどは、AとCの中間という感じというか、スピードも精度も両方を要求される競技です。とはいえ、BもAのほうに近いですよね、時間設定はそれなりにシビアですから。
(※Aに精度が必要ないわけではなくて、Aは、まずターゲットに当てることは必然であり(ターゲットはちゃんと狙えば必ず当てられる大きさ・距離の設定になっている)、その必然をクリアしながらスピードで勝負するわけです)

Bは、「6枚を4mなら4秒」というようにタイムが設定されていて、6枚のうち何枚に当てたかで競うわけです。そして、Aと違って1枚のターゲットに1発ずつ(JANPSでは1枚のターゲットに2発ずつ、3発ずつとかもあります)。外しても撃ち直しはなしで、撃てる弾数は決まってます。

自分はPMCばっかり練習したから、これに慣れてるのでラクというのもあるんですが、もちろん、Bもスピードは必要ですけど、タイムは決まっているから、そのタイムを目一杯使って狙っていいわけです。だから、反射神経だけでなくて、的を狙う技術の重要度も高いので、運動音痴な自分でも、上位入賞の可能性があるわけです ( ̄ー ̄)vニヤリッ





いま自分が「シューティングマッチ」について知ってるのはこんな感じです。シューティングマッチの敷居は高くないと思います。自分も去年の11月までは未経験だったのですから(^^ゞ

でも、やってみて実感しましたが、競技ですから、それぞれのルール・レギュレーションがあるわけで、たぶん、いきなり試合に参戦しても、その競技の意図も、どうしたら良い成績が出せるのかも分らず、ちんぷんかんぷんのままで面白くないと思います。

自分は幸いにして、シャインにシューティング大好きっ子のデイヴ金子がいて、さらにSATマガジンの石井建夫さんも仕事の関係でよくお会いしたので、教えてもらいながらシューティングにハマっていきました。でも、身近にそういう人がいなくても、それぞれの競技で「練習会」や「なんちゃって」が開催されているから、そういったものに参加して、その競技を理解してから練習して、そののちに、自分の修練の結果を本戦で試して記録に残すと、シューティングがやりがいのあるものになるのではないかと思います ( ´ ▽ ` )ノ

…ごめんなさい、自分はシューティング初心者なのに偉そうなこと言ったような気がしますが(^_^;)、自分が言いたいのはアキバ店シューティングレンジで、いろいろ練習会をやってるから、ぜひ遊びに来てね!」というショーバイの話ですw

今月、6月15日(土)には、石井健夫さん主催で『ELITE OPERATORS 練習会』が開催予定! そして、毎週土曜日の19:00~は『エリオペ自主練習会』を開催! ※詳細はGunsmithバトン アキバ店までお問い合わせ下さい。





これから、自分もさらにあれこれの競技に参加して、シューティングを楽しんでいこうと思っています ノシ










同じカテゴリー(シューティング)の記事画像
SATマガジン『葉隠訓練』開催迫る!
2015年のシューティングゥ!
2015年 初マッチはAPS!……( ̄▽ ̄)
Ride and Gun!
こ、これは!
掛川でみた凄い人達
同じカテゴリー(シューティング)の記事
 SATマガジン『葉隠訓練』開催迫る! (2015-10-10 14:31)
 2015年のシューティングゥ! (2015-01-07 16:16)
 2015年 初マッチはAPS!……( ̄▽ ̄) (2015-01-01 06:06)
 Ride and Gun! (2014-12-07 06:02)
 こ、これは! (2014-11-16 10:12)
 掛川でみた凄い人達 (2014-11-10 07:00)

この記事へのコメント

手前味噌で大変申し訳ありませんが、私たちが開催している、WingCupも超初心者向けのマッチとしてお薦めしています。

マッチの基礎知識から作法まで丁寧に指導して参りますので、ぜひ参加をご検討ください。

http://wingcup.web.fc2.com/
Posted by のぶ at 2013年06月09日 12:22
>のぶさん

コメントありがとうございます! 自分が不勉強ですみませんでした m(_ _)m いまウェブサイトのレギュを確認させていただおて、本文中にもA+Bということで、リンクを貼らせていただきました ( ̄^ ̄)ゞ

自分も機会があったら参戦させていただきますので、そのときはよろしくお願いいたしまーす!
Posted by PresidentバトンPresidentバトン at 2013年06月09日 16:02


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 156人
PAGE TOP