BATON流速チューン理論

BATON airsoft 流速チューンパーツ群を使用するにあたって、そもそも「流速チューンとはなんなのか?」ということを解説していきます。


まず、以前に行った流速チューンとノーマルチューンの比較のテスト、その1からその4を読んでいただければ幸いです。


流速チューン比較テスト その2「集弾性」


流速チューン比較テスト その4「弾道」


しかし、この「流速チューン比較テスト」のときは、まだ流速チューンがなんなのか、自分もよく分かっていなかったので、明確な答えは出していません。テストとその結果からの考察だけです。

その後、数百丁の流速チューンを施工し、その経験から得たことで、「流速チューンとはなんなのか?」ということの答えをこれから書いていきます。



まず、最初に定義しておきます。

「流速効果」
・重量弾でも確実にホップが効く
・スーッと伸びる(ように見える)不思議な弾道になる
・ホップをかけると初速が上がる特性になる


「流速チューン」
・流速効果を得るためのチューニング手法



答えを先に書いておくと、「流速チューンとはホップシステム本来の効果を重量弾でも発揮させるためのもの」というのが自分の考えです

逆になぜ、重量弾ではホップシステムの本来の効果が発揮できないかと言えば、その答えは、バレル内でBB弾の回転にかかる抵抗が大きな要因であると考えています。

バレル内の抵抗が大きいと、ホップの回転が減衰し、本来の揚力効果の軌道を描くことが出来ません。そして、このバレル内の抵抗はバレル内にBB弾が滞在している時間が影響してきます。バレル内にBB弾が滞在する時間が長くなれば、バレル内でBB弾が回転する回数が増えて、BB弾がバレルに接触する抵抗が増えるので、ホップによるBB弾の回転が減衰するのです。1J規制の日本では初速が低いので、海外フルパワーに比べてバレル内のBB弾の滞在時間が長く、抵抗がただでさえ大きいのです。

例えば、Real Sword ドラグノフSVDの日本仕様は、0.25gではホップがかかりきりません。その詳細な理論は、「RSドラとホップとバレル長と流速チューン」に書いてありますが、要は0.2gで日本の初速規制値に合わせて98m/sec以下にしていると、0.25gだとさらに初速が落ちるのでBB弾のバレル内の滞在時間が伸びてバレル内での抵抗が増えるからです。そしてRS SVDのようにバレル長が長いうえにタイトバレルだと、バレル内の抵抗が大きいのでホップの回転がかなり減衰してしまうのです。

そして、重量弾でホップが効かないからといってより強くホップをかけると、さらに初速が落ちてしまいバレル内の滞在時間が伸びるので、結局、ホップの回転は減衰します。そして、「あれ? まだホップが効かないな」ってホップをどんどん強くしていくと、しまいにはホップの押しが強くなりすぎて詰まってしまいます。だから、当店ではRS SVDには0.2gを使うか、流速チューンの施工を推奨しています。





ルーズバレルとバレルカットについて


そこで流速チューンです。流速チューンはバレル内の抵抗を低減することで、0.25gや0.28gの重量弾でもホップシステムの効果を発揮し、遠距離まで飛ばすことが出来るのです。

当店には2種類の流速チューンがあります。

爆音☆流速チューン」 は、バレルを10cm~15cm程度と極端に短くカットして、流速効果を得ます。

真☆流速チューン」は、ルーズバレル6.10(&BATON airsoft 流速パーツ群フルセット)を使って、流速効果を得ます。


ルーズバレルだと初速が下がります。それはなぜか? BB弾とバレルの隙間からエアが漏れるからであり、逆にタイトバレルだと気密が上がるので初速が上がります。
※東京マルイ電動ガンインナーバレルの標準が内径6.08mmなので、内径がそれ以上をルーズバレル(BATON airsoftでは6.10mm)、それ以下をタイトバレル(精密バレルは6.03mmが多いですね)とします。


しかし、この「エアが漏れる」ことによって、BB弾がエアに包まれ、バレルとの接触抵抗が低減し、ホップの回転を減衰させることなく発射できるのです。

バレルを思い切り短くすることでも同じ効果が出ていると思われます。バレルが短くなればBB弾がバレル内に滞在する時間が短くなるので、バレルとの接触抵抗が低減します。





ノズルインナーパイプヘビーウェイトピストンヘッドについて

ただし、ルーズバレルを使うだけや、単純にバレルを短くしたりだけでは流速効果が弱いです。強いスプリングで大量の空気を一気に押し出すことで、よりBB弾がエアに包まれて流速効果が高まります。これはこれまで流速チューンを数百丁作ってきた、Gunsmithバトンの経験則から来ています。

より強いスプリングを使い、さらにノズルインナーパイプを使うことで圧縮率を高めます。ただ、ノズルインナーパイプを使うとかなり強力なスプリングを使わないとエアを押し出しきれません(初速が上がりません)。そこでヘビーウェイトピストンヘッドを使うことで、ピストン総重量を重くしてエアを押し出すことが効果的なんです。







また、流速チューン比較テスト その3「炸裂音」で書いたように、流速チューンではエアを一気に押し出すことで初速決定のメカニズムが変わります。加速ではなく爆発というイメージです。

流速チューンではホップシステムが重要な役割を果たしてきます。流速チューンはホップをかけて発射時の抵抗を増すことにより、爆発力を高め初速が上がります。

RS SVDのホップで書いたように、ノーマルチューンではホップをかけると抵抗になって初速は下がります。だから、0.25gで必要なホップの回転数を得ようとすると、バレルによっては初速が下がることで、かえってホップの回転は減衰し、飛距離がダウンすることもあります。

ところが、流速チューンではホップをかけると初速が上がります。だから、重量弾でも十分なホップ回転と初速を両立出来るのです。

そして、面ホップパッキンはBB弾とホップが触れている距離が長く、強力な回転を生み出すので流速チューンに適しています。

ただ、流速チューンにおいて、面ホップアップパッキンは必要条件ではありません。より適しているということです

また、逆に面ホップアップパッキンは抵抗が大きいのでノーマルチューンに使うと初速が落ちやすく、適正ホップの範囲もシビアになるのでオススメしません。日本の初速規制値でのホップアップパッキンは、「ノーマルチューンなら、東京マルイ純正パッキンがパッキンの柔らかさ・クッションの柔らかさで最適である」と自分は考えています。






なぜ、流速チューンがもてはやされるのか?


流速チューンのなにがいいのか? それは重量弾であっても、きちんとホップをかけて遠くまで飛ばすことが出来るということです。

重量弾ならば、長距離でもエネルギーの低減が少ないわけです。だから、重量弾は風などの外乱に強く長距離でも弾道が安定していますし、ブッシュも抜きやすいです。そして長距離でもエネルギーが残っているということで一番有利なポイントは、当たっときに痛いので、相手に気づいてもらいやすいのです。

なので、重量弾は0.2gに比べて長距離でヒットを取りやすく、だから「重量弾を使う流速チューンは長距離でよく当たる!凄い!」ってなるのです。

でも、流速チューンが凄いのではなくて、重量弾が有利なのです。流速チューンはその有利な重量弾をノーマルチューンより遠くまで飛ばすことが出来る、ということです。


そして、流速チューンが絶対というわけではありません。ノーマルチューンで0.2gだって、同じ距離まで届けば当てることは出来るわけです。





また、流速チューンの「スーっと伸びる(ように見える)不思議な弾道」ですが、なぜそうなるのかは自分もよく分かってません。ただ、「普段、ノーマルチューンで0.25gを使っているとホップの効果が発揮しきれていないけど、そのノーマルチューンでの0.25gの弾道が自分の常識になっていて、ホップシステム本来の効果を発揮できる流速チューンだと、自分の常識が覆り不思議に見えるだけ… 要するにただの目の錯覚では」って思っています。

0.25gや0.28gの重量弾だと、ホップ効果で弾道が上がり始めるポイントが0.2gより遠くになるのは当然なんです。
試しに0.12gを撃ってみると分かります。0.12gでちょっとホップを強めにかけると、0.2gより遥か手前でホップ効果が発揮されて弾道が上がり始め、空を撃つことになりますw だから、重量弾ならその逆で、ホップ効果があらわれて弾道が上がり始めるポイントが0.2gのときより遠方になるのは普通のことなんです。


要は、『流速チューンだから』弾道が上がり始めるポイントが遠くになるのではなく、『重量弾を使うから』弾道が上がりはじめるポイントが遠くになる。

そして、ノーマルチューンでは0.2gで日本の1J規制に合わせると重量弾を使った時に初速は落ちていて飛距離は伸びない。でも、流速チューンなら、重量弾であっても初速とホップ効果を両立出来るので、弾道が上がり始めるポイントが遠くになりつつ飛距離も伸びる、ということです。



以上、いまの段階で分かっていることでの流速チューンの考察でした。ちなみに海外フルパワーなら流速チューンは必要ないと思います。0.25gであっても、海外の初速なら、バレル内でホップの回転が減衰する前にバレルを飛び出すことが出来るだろうと思うからです(まあ、日本ではフルパワーの初速でテスト出来ないので、その真偽は確認してませんがw)。

流速チューンは日本の初速規制が生んだ奇形チューンであり、グローバルスタンダードにはならないと思います。
パワーを上げてもいいなら、長いタイトバレルを使って、ノズルを絞ったりしないで、シリンダーで圧縮した空気を流速チューンのようにあえて漏らすようなことをせず、そのまますべてBB弾の加速に使えばOK。ひたすら初速を上げて飛距離を伸ばせばいいだけなので face03









同じカテゴリー(チューニング理論)の記事画像
【APS-2 流速】 バレルに穴開けでパワワップ (^_-)-☆
【 APS-2 OR 爆音☆流速SP 】 精度アップのためのバレルカット
【 目指せ! 日本最高精度 】 TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】
「硬いの柔らかいの、ドッチがお好み?」ホップアップパッキンのお話です (^_-)-☆
寒い中ありがとうございました(`・ω・´)ゞ
RSドラとホップとバレル長と流速チューン
同じカテゴリー(チューニング理論)の記事
 【APS-2 流速】 バレルに穴開けでパワワップ (^_-)-☆ (2017-06-04 06:44)
 【 APS-2 OR 爆音☆流速SP 】 精度アップのためのバレルカット (2017-05-19 07:01)
 【 目指せ! 日本最高精度 】 TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】 (2017-05-18 06:06)
 「硬いの柔らかいの、ドッチがお好み?」ホップアップパッキンのお話です (^_-)-☆ (2017-02-26 07:37)
 Gunsmithバトンの調整と接客について (2013-11-23 10:36)
 寒い中ありがとうございました(`・ω・´)ゞ (2012-12-28 18:04)

この記事へのコメント

自分はそこまでトイガン弄ったりしないので、ちょくちょく見る・流速チューンなんてまったく詳細を知らなかったのですが、ある程度理解出来ました。
超解りやすかったです。ありがとうございますm(__)m
Posted by vfcのm27が欲しい本当の通りすがり at 2012年09月05日 00:53
>vfcのm27が欲しい本当の通りすがりさん

あざーっす! ハイサイやパワーアップと違って、流速チューンって分かりづらいし、「怪しい…」って思われるかと思います(^_^;)


ちゃんと説明しようとするとこうして長くなってしまうんですけど、要するに「重い弾でもホップがちゃんと効いて遠くまで飛ばせるチューン」って考えていただければ幸いです (`・ω・´)ゞ
Posted by PresidentバトンPresidentバトン at 2012年09月05日 05:18
自力で流速カスタムを作成しています。
バトンさんの理論通り、「HOPをかける=初速が上がる」は達成していますが、炸裂音が小さいです。
やはりノズル系を絞るべきでしょうか?
Posted by ジョンソン at 2012年09月07日 12:48
>ジョンソンさん

音はインナーバレルが短いほどうるさくなります。そして、アウターバレルも短いほどうるさくなります。

※インナーバレルが短くてもアウターバレルが長いと、膨張室効果で消音されるので、それほどうるさくなりません。

だから、M4CQBで爆音☆流速チューンを造って、さらにノベスケハイダーを付けると(ラッパ効果でかなり増音されます)、フィールド全体に轟くほどの音になりますよ (^_^;)


音と流速効果はあまり関係ありません。流速チューンの作り方・その銃によるんです。真☆流速チューンはあまりうるさくならないですよ。
Posted by Presidentバトン at 2012年09月07日 14:40
>バトンさん
ご回答ありがとうございます。
今の状況は、ご意見の通り、M4CQBで作ってます。
インナーバレルは180mm、アウターは10.5inchで、ラッパハイダーも付いているんですが・・・
屋外での発射音が響き渡りません。

あとはプロと素人のプロセスの違いですかね?
今度・・・お店にお邪魔します
Posted by ジョンソン at 2012年09月10日 12:49
飛距離が伸びるのは理解できました。
ただ、ルーズバレルやバレルを短くするなどのチューンでは集弾性などはどぉなるのでしょうか?
イメージではバレルが短いと弾が散りやすいのかなと思ってしまいます。
Posted by デプリン at 2012年10月29日 18:02
>デプリンさん

バレルが長いほど集弾性が良いわけではないんです。そしてバレルがタイトなほど集弾性がいいわけでもないんです。

BB弾とインナーバレル間のクリアランスの最適値、エアとのバランスなどで決まってくるので、実際にルーズバレル、ショートバレルで流速チューンの0.25gのほうがノーマルチューンの0.25gより集弾性が良いデータが出ています。

※本文中のリンク「流速チューン比較テスト その2「集弾性」を見てみて下さい。


ぶっちゃけ、バレルは短くても問題ないんです。

テストで6cmのバレルにしたこともありますけど、弾道には別に問題なかったですし、マルイのハンドガンを思い出してもらえれば分かりますけど、あのバレルの短さで優秀な弾道を実現しています。


※海外フルパワーや昔の日本のパワーチューン時代だとまた結果は違うと思いますが、いまその初速でのテストは出来ないので不明です(^^ゞ
Posted by PresidentバトンPresidentバトン at 2012年10月29日 18:40
私なりに流速チューンを理解してみようと思ったんですが…
まず短バレルにする理由ってのは、シリンダ容量 < バレル容量だと、排出される空気の慣性を加味しても、バレル内で圧縮率の下がった空気では弾を加速しなくなるため、マズルに近づくにつれて弾の抵抗の方が大きくなって失速すると。
逆にシリンダ容量 > バレル容量なら加速したままマズルを出るので、相対的に抵抗が小さくできるということで合ってますか?

また、ルーズバレルにすることで、弾を追い越した一部の空気によりバレル下流(マズル側)にできる境界層の影響を軽減すると。
さらに、この弾を追い越す時の空気は、弾の形状によりベンチュリ効果によって流速があがり、結果的に弾の周りに層を作ってバレルとの接触を軽減し、また、弾のホップによる回転は上方の流速が相対的に速くなるので「空気によるホールド」様の現象によって、マズルから出てもホップが安定してくれると、そのように理解したんですが…

私は現在、VSR-10R.S.Ver.しか持ってないんですが、ボルトまわりを全交換&ホップ調整レバー加工のみで、0.25g使用時40mで30cmくらいの集弾率になってます。
もちろん、バレルはノーマルのままです。
バリアブルレートスプリング+自作スプリングスペーサでプリロードを掛けて、ピストンの初速を稼いでいるのがキモだったりします。
ノーマルだとホントに飛ばないんで、自分なりにカスタムした結果です。

流速チューンを施した場合、これ以上は望めるでしょうか?
Posted by XaspeR at 2013年06月22日 13:12
>XaspeR さん

流速チューンには、いろいろな考え方があると思いますので、どれが正しいとは言えないのですが、自分の流速チューンについての理論は、この「BATON流速チューン理論」にまとめた通りであり、要約すれば、日本の初速規制値で重量弾にも有効なホップ回転を与えるためのチューンです。

そのために自分がもっとも重視しているのは、バレル内での摺動抵抗の低減であり、そのたまにショートバレル・ルーズバレルを使うというのが根底にあります。

流速チューンの目的は「重量弾を遠くまで飛ばす」ということにあり、それがサバゲで「遠距離でヒットを取りやすい」というメリットになります。命中精度は、ノーマルチューンでは射程ギリギリ、すでにホップ回転もなくなり落下しているような遠距離では、重量弾を使い、それゆえにホップ回転が遠距離でも残っている流速チューンのほうが弾道が安定します。逆に言えば、そこまでのロングレンジでなければ、ノーマルチューンでも流速チューンでも集弾性に大差はないというのが自分の考え方です。

ご参考になれば幸いです。
Posted by PresidentバトンPresidentバトン at 2013年06月22日 16:32
おはようございます。

少々お伺いしたいのですが、g18cに流速チューンを施す事は可能ですか?
もし出来るのでしたら、何を組み込むプランなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
Posted by シシクラ at 2013年10月15日 11:31
度々申し訳ありません。

以前vsr10に流速チューンを施したいと思い、バトンさんのインナーバレル430、流速スプリング、面ホップパッキン、ノズルパイプ?を購入させていただきました。

もし、まだ足りない物があれば教えて下さい。
Posted by シシクラ at 2013年10月15日 11:36
>シシクラさん

ハンドガンのG18Cには当店では流速チューンを承っておりません。

また、エアーコッキングライフルへの流速チューンパーツは制作しておらず、電動ガン用のようにレシピは公開しておらず、パーツセットの販売もしておりません。

当店のチューニングメニューの『エアコキ☆流速チューン』はお持ち込みでのワンオフ制作のみとなっております。

お役に立てず申し訳ございません。
Posted by バトン・オーツカバトン・オーツカ at 2013年10月15日 13:12
いえいえ。
ご丁寧な対応ありがとうございました。
Posted by シシクラ at 2013年10月15日 20:43
VSRの流速セット販売の予定ありますか?
なければどれを購入すればいいですか?
Posted by 弁慶 at 2014年12月14日 16:54
>弁慶さん

恐れ入ります、当店で施工している『エアコキ☆流速チューン』では、ルーズバレルの使用だけでなく、チャンバーの加工、バレルスペーサーやピストンウェイト兼スペーサー(※)のワンオフ製作など、加工して制作しており、パーツの販売はありません。エアコキのほうは電動より数が少なくパーツの量産化の予定が現在ありません。お役に立てず申し訳ございません。

※『VSR/APS系 流速スプリング』もワンオフスペーサーを使用して初速を調整するために巻き数を少なくした特殊なスプリングです。
Posted by バットン・オーツカ at 2014年12月15日 04:51


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP