ホップシステム関連商品 写真&説明アップデート!

この前、電気くらげの写真を撮り忘れていたことに気づいたんで、マクロレンズを買ったことだしホップ関連の写真を撮り直して、お絵かきもしました face02



ファイヤーフライ 電気なまず[甘口/中辛/辛口] 1180円(ポイント還元実質:1121円






電気なまずのヘンテコリンな形にはこういう意味があるんです。長掛けホップにするにはいろんな方法がありますけど、電気なまずならパーツ交換だけですむので(パーツによって調整は必要ですけど)一番簡単なので face02





Modify インプローブド ホップアップパッキン 290円(ポイント還元実質:275円






このかすかなリブが2本あることで機密性がアップ! 隙間テープを貼るのと同じ意味ですね




ファイヤーフライ 電気くらげ[甘口/辛口] 1580円(ポイント還元実質:1501円






普通のホップアップパッキンはホップ部はただのでっぱりですが、電気くらげはこのヒダで包み込むことで回転方向のセンターを出すわけです。

電動ガンに使うから【電気】、ヒダヒダだから【くらげ】、ソフトだと【甘口】、ハードだと【辛口】・・・ こういう一見「なんだそりゃ?」と思わせて、ちゃんとすべてのネーミングに意味があるファイヤーフライのセンスは好きですw




東京マルイ ホップアップパッキンセット 336円(ポイント還元実質:319円



すべての基本となる東京マルイ純正パッキン。日本の初速規制化でノーマルチューンならこれが一番だと思います。中華エアガンはフルパワーに合わせてあるのでパッキンが硬いんです。初速が高い or BB弾が重いと、柔らかいパッキンではホップが効かせきれないからです(ただし、パッキンが硬いほどホップ調整はシビアになり、また適正ホップ時の初速の低下も大きくなります)

だから、中華フルパワーなら硬い中華パッキンのほうが性能が出るわけであり、中華のパッキンが悪いわけでなくて、日本の初速規制値に合っていないだけなんですよ。






「なんか弾道が変だな?」とか、「最近、初速が落ちた・・・」って思ったら、素直にホップアップパッキンを交換すると吉です。マルイ純正パッキンの新品に変えてきちんと組むだけで、たいていの弾道の不具合は直ります。ホップパッキンは消耗品なんです。

各社、いろいろと創意工夫していることから分かるように、ホップシステムは電動ガンの性能を左右する超重要ポイントです。仕様により、どれが一番とは断言できませんが、そんなに高いものじゃないので、あれこれ試してみると楽しいと思いますよ ノシ




同じカテゴリー(チューニング理論)の記事画像
【APS-2 流速】 バレルに穴開けでパワワップ (^_-)-☆
【 APS-2 OR 爆音☆流速SP 】 精度アップのためのバレルカット
【 目指せ! 日本最高精度 】 TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】
「硬いの柔らかいの、ドッチがお好み?」ホップアップパッキンのお話です (^_-)-☆
寒い中ありがとうございました(`・ω・´)ゞ
BATON流速チューン理論
同じカテゴリー(チューニング理論)の記事
 【APS-2 流速】 バレルに穴開けでパワワップ (^_-)-☆ (2017-06-04 06:44)
 【 APS-2 OR 爆音☆流速SP 】 精度アップのためのバレルカット (2017-05-19 07:01)
 【 目指せ! 日本最高精度 】 TYPE 96 vs APS-2 OR 【 ホップとノンホップの違い 】 (2017-05-18 06:06)
 「硬いの柔らかいの、ドッチがお好み?」ホップアップパッキンのお話です (^_-)-☆ (2017-02-26 07:37)
 Gunsmithバトンの調整と接客について (2013-11-23 10:36)
 寒い中ありがとうございました(`・ω・´)ゞ (2012-12-28 18:04)

この記事へのコメント

図説して頂くと、理屈が良く分かりますね。電気なまず、電気くらげと来たら「電気うなぎ」なんて登場しないでしょうかね?どんなパーツなのか、自分で言っておいて想像も付きませんが(=^x^=)。
Posted by そまりん at 2011年06月10日 09:44
>そまりんさん

理論はこのように色々ありますし、考えればその意図は分かるんですけど、残念ながらホップチャンバー及びバレル内での実際のBB弾の動きを計測する手段はないので(見ることも、撮ることも出来ない)回転がどう変化するかは不明です…

だから結局、経験則で「こういう仕様なら、こういうパーツが合うだろう」って予測して、実際に造ってみて弾道を確認するしかありません。

そして、その効果は機種・個体・仕様によって異なるので、当店のチューニングのレシピはそれぞれだいたい決まってますが、結局、1丁1丁、それぞれ実射して弾道を確認しながら創り上げてます。


前にふざけて「うちはモシンの工場」とか書きましたけど、モシンこそ個体差がある銃の極地みたいなものなので、Gunsmithバトンは同じモノを大量生産するメーカーではなくて、チューナーが1丁1丁創り上げるチューニングショップなんです (^_−)−☆
Posted by PresidentバトンPresidentバトン at 2011年06月10日 10:21
Modifyのホップパッキンですが、再入荷しますか?
Posted by ike at 2011年06月10日 16:50
>ikeさん

すみません、パッキンの写真を撮ったそばから切らしてしまって(^_^;)

もちろん、パッキンも、あとソッコーで売り切れてしまったアキュレイトホップチャンバーも再入荷します。新商品もあれこれまとめてに頼むので、いまのところModify製品群の再入荷は7月頭ぐらいの予定です。恐れ入りますが、少々お待ち下さい m( __ __ )m
Posted by PresidentバトンPresidentバトン at 2011年06月10日 17:13
モシンナガンライフルに電気なまずは組み込めますか?
Posted by 天城 at 2011年06月13日 00:27
>天城さん

まだ当店では試したことがないのですが、システム的にはライフル/スナイパーはクッションゴム形式ですので電気なまずは入るはずです。
(ただ、電気なまずはチャンバーやバレルが干渉するときは削らなければならないときもあります)
Posted by Presidentバトン at 2011年06月13日 04:27


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP