使ってみて初めて分かる、その…

こっそり新商品を出してるんだぜ!

MUDBULL XM203グレネードランチャー(ロング) 7580円(ポイント使用後:7201円)





それと MUDBULL XM203グレネードランチャー(ショート) 6980円(ポイント使用後:6631円)も再入荷済み



このXM203のロングのほうは97式 攻性魔改造に装着してるやつなんだけど、付けるだけで満足して別に使ってなかったのw

でもこの前の動画撮影の時に、はじめてZETAグレを入れようとして気がついた…


XM203って、グレネードのリムがきつくて入らないorz


「なんじゃこりゃ!」状態でした。まあ、少し削ってあげればいいんだけど、普通の人はリューターなんて持ってないだろうから、当店では削ってから出荷することにしました(`・ω・´) b  ビシッ!!

台湾製とは言っても油断も隙もないねw






Gunsmith BATON / Gun Shop BATON サーバー移転作業のお知らせ
M4 に最適なスティックリポ、再入荷!
【 BATON レビュー 】 [ DYTAC ] SLR-AK シリーズ
MP5 CO2GBB 改良型マガジンアウトプットバルブ無償交換対応
カッコイイ ライフル、あり〼!
[ DYTAC ] SLR-AK シリーズ新発売!
 Gunsmith BATON / Gun Shop BATON サーバー移転作業のお知らせ (2018-09-26 06:06)
 M4 に最適なスティックリポ、再入荷! (2018-09-19 06:06)
 【 BATON レビュー 】 [ DYTAC ] SLR-AK シリーズ (2018-09-16 07:10)
 MP5 CO2GBB 改良型マガジンアウトプットバルブ無償交換対応 (2018-09-11 17:05)
 カッコイイ ライフル、あり〼! (2018-09-10 06:00)
 [ DYTAC ] SLR-AK シリーズ新発売! (2018-09-06 04:55)

この記事へのコメント

全くその通りです
台湾製だからといって安心は出来ませんね

現に いま調整&チューンをお願いしている爺&爺のSG553など
ストックを折り畳んでもロック出来ないですからね

ま、ストック畳んでゲームする事はないから別に気にもならないですが…

大らかな気持ちがないと中華ガンとは付き合えませんね(^-^)
Posted by りき at 2010年09月13日 19:00
自分の持ってるグレネードランチャーにZETAグレ入れてトリガー引いたら、ZETAグレが筒内に押し込まれて不発だった。
良く考えればZETAグレにテープかなんか巻いて厚くしてやれば良かったのね。
逆転の発想!! この記事読んで気付きました。
Posted by K.BOU at 2010年09月13日 19:33
確かマッドブルのは独自規格だったような・・・

台湾云々の前に入らないのが当然だと思われます。

持ってるわけじゃないのでどうだかわかりませんがwww
Posted by ちゃーりー at 2010年09月13日 19:37
中華のガスグレって、どれも本家モスカートより若干、径が細かったりと、メーカーによって微妙なサイズ違いがあります

だから、ランチャーとグレネードの組み合わせによって、「モスカート◯、中華グレ×」だったり、「モスカート×、中華グレ◯」だったりと相性問題があり、調整が必要なことが多いんです…

でも、うちで扱っている商品同士が使えないんじゃ「こりゃ話にならんな」ってことで、調整済みランチャーとして売ることにしましたwww
Posted by Gunsmithバトン at 2010年09月14日 04:18
すみません
日記のランチャーではないのですが
同じくマッドブル製の
AGXランチャー 
を購入したところ、CAWのカートが入りませんでした

このランチャーも、カスタム依頼をすればCAWのカートが入るようにカスタムしてもらえますか?
Posted by ななし at 2010年09月14日 22:16
>ななしさん

どのように入らないかが分からないと不明なのですが、XM203のようにリムが合わないぐらいなら削れます。砲塔部分がきつくて挿入できないのだと、すべてを削るのは無理かと思います。

よろしくお願いいたします。
Posted by Gunsmithバトン at 2010年09月15日 03:55
回答ありがとうございます

おそらくCAWのカートが太すぎてはいらないのかと思います・・

ランチャーの内部を削るのは厳しいですか・・・・?
Posted by ななし at 2010年09月15日 22:24
>ななしさん

昨日、試したら、XM203も砲塔部分がきつくてモスカートは入りませんでした

筒の内部を削るのは、手で紙やすりぐらいしか手段がなく、基本的に無理です…
Posted by Gunsmithバトン at 2010年09月16日 04:12


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP