RS 56式バヨネット小ネタ

この前、Gunsmithカッタケに教えてもらったんですが、RS 56式のバヨネットには
正しい向きがありました。








これが正しい向き。バヨネットは丸でなく、片側がエグれた形状になっていて、エグれた側が伸ばしたときに下に来るのが正解です。








なぜかというと、折りたたんだときに、収まりよく、まっすぐバヨネットが畳めるから








ところが、ただネジを締めただけだと、このように横向きになってしまうものもあるんです… これはネジの問題だから、運がよければうまくハマるかもしれませんが、高確率で正しい向きに合わないと思います(ひとつの角度しかないわけだから)。








なので自分は、スペーサーにOリングを入れて、それだけではビシっと決まらないので、ネジロック剤で固定しました。

これから当店が販売するRS 56式は、1丁ずつバヨネットの位置を調整して正しくしてから出荷しますけど、すでに自分が売ってしまった方や、56式をお持ちの方はご参考までに



完璧主義のRSから、「一本取ったり!」って感じでちょっと嬉しいw





追記

いまGunsmithカッタケから電話があって、「バトン~、逆、逆!」って言われましたw 確かに実銃の56式だとバヨネットの平らな部分が畳んだときに下、フォアグリップを握ったときに、歯が手に当たらないようになっている写真があるのです。

しかし、RS 56式でその向きにすると





フォアグリップの凹み(正確にはフォアグリップを抑える金具)と干渉して、
バヨネットがふにゃっと曲がって隙間が出来るんですね、これが。

よくよく見ると、バヨネットを畳んだ時の角度が、クリーニングロッドと平行でなくて、若干、中に押し込まれる角度になっているので、こうなるんだと思います。


なので、当店では、「RSの場合は」バヨネットは畳んだときにエグレが上であるのが正解、とさせていただきまーすw

これこそRS 56式の設計ミス、あえて言おう「開発者出て来い!」とw

同じカテゴリー(中華エアガン分解講座)の記事画像
[ DOUBLE BELL ]   M1911A1 CO2GBB スライドトラブル対処法
VIPER TECH  SOPMOD M4 BSP CO2GBB 分解講座 後編
【悲報】 RPDに重篤な弱点発覚。箱出しでは、そう長くは…
ASP SVU 分解・調整レポート [後編]
ASP SVU 分解・調整レポート [前編]
E&L MK18 / SOPMOD Ⅱ / M4A1 分解・調整レポート [後編]
同じカテゴリー(中華エアガン分解講座)の記事
 [ DOUBLE BELL ] M1911A1 CO2GBB スライドトラブル対処法 (2017-12-30 06:40)
 VIPER TECH SOPMOD M4 BSP CO2GBB 分解講座 後編 (2017-01-10 06:06)
 【悲報】 RPDに重篤な弱点発覚。箱出しでは、そう長くは… (2016-12-03 05:58)
 ASP SVU 分解・調整レポート [後編] (2016-08-18 10:55)
 ASP SVU 分解・調整レポート [前編] (2016-08-17 07:20)
 E&L MK18 / SOPMOD Ⅱ / M4A1 分解・調整レポート [後編] (2016-08-12 06:06)

この記事へのコメント

ゴムだと安っぽい色過ぎて困るんですよねー
一本しかないもんに染めQ使うのも怖いし…(チラッチラッ
Posted by uncle_jam at 2010年07月07日 20:50
>uncle_jamさん

オプションのアルミはさすがにNGにしてるんで、どっかで誰かが、硬質樹脂でバヨネットを造ってくれるのを待つしかwww
Posted by Gunsmithバトン at 2010年07月07日 21:15


プロフィール
(株)バトンTrading
(株)バトンTrading

電動ガンチューニングショップ『Gunsmith BATON』、パーツ&エアガンブランド『BATON airsoft』、エアガンシューティングマッチ『JWCS』の各種情報をお届けします!
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 163人
PAGE TOP